5連休と言えども…

5月になりました。ゴールデンウィークの最中で、今日から5連休になります。まず今月の制作目標ですが、7月個展に出品する新作全てを今月末に完成しなければなりません。5月30日(日)が新しい図録用の撮影日になっているからです。その日から逆算して制作工程を組んでみましたが、毎日制作に励んでいても余裕がないことが判明しました。ただし、時間の融通が利くので何とかなるだろうと思っていますが、作品は何があるのか完成するまで分からないので、不安がないと言えば嘘になります。今月は制作に集中する1ヶ月になりそうです。新作の題名も考えなければならない時期にきています。現在作っている円形を土台にした陶彫による集合彫刻は「発掘シリーズ」として題名をつけていきますが、新たに作る木彫による中規模の作品は「構築シリーズ」にする予定です。その作品に陶彫部品の接合はありません。小品も作らねばならず、昨年度までは週末だけの制作だったのが信じられないくらいです。連休と言えども、私の意識の中には連休という特別な感覚が失われつつあります。それでも美大受験生が毎日工房に来ているので、連休で高校や予備校が休みなんだなぁと思っています。新型コロナウイルス感染症が増え続けていて、隣接する東京都が緊急事態宣言を出し、その波がいつ神奈川県に来るのか見当もつかず、連休中に人で混むところには出かけられません。私には創作活動があるため、連休で外出する楽しみはないのですが、多くの人にとっては相当なストレスになるのではないかと察しています。昨年度も同じような状況にいたことを思い出しています。昨年は校長職にあったので、今年とは違った意味で精神的に負担を抱えていたのは確かです。今年は蚊帳の外になりましたが、学校教育のことは折に触れて心配はしています。私の自論では教育は基本的に対面で行うべきと思っているからです。美術科は授業において個人制作を主体としていますが、課題のことを生徒同士が話し合ったり、お互い見合って意見交換したりするのが学びの向上に繋がると思っています。工房にやってくる美大受験生も同じです。今月に入って初日である今日は取り留めのないことをNOTE(ブログ)に書いてしまいました。まとまりのない文章をお詫びいたします。今月も頑張っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 BankARTの「山本愛子展」 週末になりました。昨日から取り掛かっているテーブル彫刻制作を継続しています。今日の午前中はテーブル部分の文様の刳り貫き作業を開始しました。昨日描いた下書きをさらに煮詰めて、刳り貫く部分と残す部分を決 […]
  • 週末 制作と鑑賞の狭間で… 自分の制作には思索あり、他の作品の鑑賞もまた思索あり、で制作時間に追われているのは重々承知の上で、今日の午後は美術館に出かけてしまいました。午前中は午後の時間を空けるため、木彫の作業に集中力をもって […]
  • 夏季休暇① 越後のミケランジェロを訪ねて 5日間ある夏季休暇の2日を取得して、上越新幹線で新潟県魚沼市に家内とやってきました。目的は彫り物師石川雲蝶が残した木彫りの数々や水墨画を見て回ること。石川雲蝶の名を知ったのはテレビ番組だったように記 […]
  • 三連休 木材部分の目標設定 休庁期間が終わって、3日間出勤した後の三連休はとても有難いし、また貴重な時間です。「発掘~混在~」の制作に対するモチベーションが保てたまま三連休を迎えられるのが良いと感じます。この三連休で6点の屏風 […]
  • 造形の素材変換 かつて木彫によるテーブル彫刻「構築~包囲~」と「構築~解放~」を作りました。サークル状の厚板を複数の細い柱で支える構造で、量というよりは線と面で構成される軽やかな作品として作ったつもりです。この作品 […]

Comments are closed.