週末 立体を作っている実感

今日は朝から工房に篭って陶彫成形を行いました。大きなタタラを立ち上げ、紐状にした陶土で補強しながら立体にしていきます。今年の新作は陶彫部品それぞれを直方体にしていくのが基本形態です。重さで歪まないように木片のブロックで抑えながら裏側を紐状の陶土で補っていきます。今日は立体を作っている実感がありました。彫刻家としての満足感がありましたが、陶彫は通常の塑造と異なり、裏側を空洞にするため、常に陶土の厚みを気にしています。焼成で割れないようにするための造作ですが、それでも罅割れが生じることもあります。陶芸のように轆轤を使えば皹割れを少なくすることもできるのでしょうが、陶彫で矩形を作る場合は基本としてタタラを用います。嘗て人体塑造を作っていた時は、土の厚みなど気にすることはありませんでした。陶彫独特の造形方法があることを知り、それ以来厚みに拘り続けているのです。陶彫制作を始めた頃は陶土を薄い板にしていましたが、彫り込み加飾が楽しくなってから陶土は厚めに設定しています。彫り込む部分を計算に入れているのです。今日は陶彫成形を1点作り上げ、途中まで彫り込み加飾を施していました。夕方になって大きなタタラを数枚用意しました。明後日が天皇誕生日で勤務を要しない日なので、ここでまた陶彫成形が出来ると思いました。明後日、さらに陶彫成形を1点加えます。彫り込み加飾はその時まとめて行おうと決めました。今日は気温が上昇し、上着を脱ぎたくなるような陽気になりました。いつものように美大受験生が鉛筆デッサンをやりにきていました。デッサンが上達し、描くことが楽しくなってきたようで、彼女は溌溂と作業をしていました。夕方、車で彼女を送ってから帰宅しました。明後日、また頑張ります。

関連する投稿

  • 窯出しの夜に思うこと 月曜日の夕方に新作第1号となる大きめの陶彫部品を窯に入れました。毎年やっている制作工程最後の作業ですが、同じ作業にも関わらず毎回緊張をしてしまいます。3日間陶彫部品を窯に入れ放しにして、今晩窯出しを […]
  • 週末制作 陶土に追われる 陶土に追われるとはどういうことか、毎週末の制作で実感していて、今日も例外ではなかったので今日はこの話題にしました。陶彫はもちろん陶芸の場合も同じですが、土の乾燥による制作工程の順序があります。陶土が […]
  • 立体の在り方を決める成形 三連休の中日にあたる今日は成形を主に行いました。陶彫の成形では、タタラや紐作りで均一の厚みにした陶土を立ち上げていきます。陶芸のようにロクロを回してカタチを立ち上げることはしませんが、便宜上ロクロを […]
  • 土が石化するとき 陶彫で作品を作っていると避けて通れない最後の作業工程があります。陶彫作品の仕上げとして陶土の作品は窯に入れられて高温で焼成される工程です。自分の作品は釉薬をかけずに焼き締めていく方法をとっています。 […]
  • 窯という他力本願 陶芸(陶彫)をやっている者にとって、最後の焼成は自分ではどうにもならないものです。窯に入れて焼成が始まった途端に、作品は自分の手から離れ、火の神のみぞ知る世界になります。炎を潜り抜けて還ってきた作品 […]

Comments are closed.