暁斎流の「鳥獣戯画」について

先日、閉幕してしまった「河鍋暁斎の底力」展で、私が気になった数多くの下絵の中から、展覧会のポスターにもなっている作品を取り上げます。ポスターは「鳥獣戯画 猫又と狸 下絵」で、私はこれを見て忽ち河鍋暁斎の魅力に憑りつかれてしまったのでした。「鳥獣戯画」と言えば京都の高山寺に伝わる4巻からなる絵巻物で、とりわけ動物戯画が躍動感があって楽しいと私は感じています。これは鳥羽僧正覚猷の筆と伝えられていますが、確証はなく作者未詳になっています。一方、暁斎による「鳥獣戯画」は動物の風貌や動きが現代的で、含みがあるかのような表情が何かを語っているようです。最近発見された「猫又と狸」の下絵断片を修復して展示された作品は、浮かれた猫の微妙な表情が楽しいなぁと思いました。「鳥獣戯画 梟と狸の祭礼行列 下絵」も烏帽子をつけた梟の表情に、私は何かを感じてしまいます。吹き出しに台詞をつけて漫画にするか、今風アニメーションにしたいと私は勝手に想像してしまいました。一点の絵画からドラマを紡ぎ出し、それを自分の脳内で楽しむことも絵画鑑賞の醍醐味の一つかもしれません。暁斎はそうしたことに面白可笑しく対応してくれる稀な画家だと改めて認識しました。修復家より本作の修復に関する文章が図録に掲載されていました。「下絵が間違いなかったかを見比べるまでは非常に緊張するが、修復の正しさを確認するうれしい出会いの時でもある。下絵は日本ではあまり評価されていないが、1993年~94年に大英博物館で開催された暁斎展の折に『このような下絵の存在は、暁斎を理解するのに本画同様、大きな意味がある』と勇気付けられたことを、今でも忘れられない。」(大柳久栄著)ところで暁斎は発表する予定になかったさまざまな下絵が、展覧会の中心に据えられていることを果たしてどう思っているのでしょうか。あの世から止めてくれと叫んでいるかもしれません。

関連する投稿

  • 虎ノ門の「近代日本画の華」展 東京港区虎ノ門にある大倉集古館へこの歳になって初めて足を踏み入れました。若い頃から美術館巡りをしているにも関わらず、大倉集古館には行かなかったのが不思議なくらいです。調べてみると大倉集古館は日本で最 […]
  • 上野の「ゴッホ展」 昨日、東京上野の上野の森美術館で開催されている「ゴッホ展」に行ってきました。日曜日の午後で、しかも人気のある画家だったためか会場内は大変混雑していて、私は鑑賞者の間隙を縫ってゴッホを始めとするハーグ […]
  • 美術館を巡った日 今日は用事があって職場から年休をいただきました。用事はすぐ終わってしまい、残りの時間を横浜や東京の美術館巡りに充てました。ウィークディに展覧会を見に行く機会がなかなかなかったので、今日はラッキーな一 […]
  • 夏季休暇④ 大塚国際美術館へ 今日は新大阪駅前から出る日帰りバスツアーに参加しました。横浜の自宅からネットで申し込んでいたのでしたが、徳島県鳴門市にある陶板名画を集めた大塚国際美術館を堪能するツアーで、一度行って見たいと思ってい […]
  • 週末 六本木・銀座・上野を渡り歩く 今日は東京の博物館、美術館、画廊を回ろうと決めていました。後輩の彫刻家が二科展出品、同僚の画家がグループ展参加、その他見たい展覧会があって、二科展とグループ展の日程が合うのが今日しかなかったのでした […]

Comments are closed.