20’~21’休庁期間について

2020年12月29日から2021年1月3日までの6日間は休庁期間になっています。私の職種はこの期間はきっちり休むことが出来て、コロナ渦の中でそれだけでも幸福と言えます。同じ公務員でも市や区の福祉健康センターや医療関係は新型コロナウイルス感染症対策のため、勤務を余儀なくされる現状です。年末年始の人出を控えるニュースが連日流れていて、私たちが住む神奈川県も感染者は高止まりをしています。今年の年末年始は例年と異なり、浮かれた気分にはなれません。それでも近隣のスーパーマーケットはかなりの密状態になっているので、日常生活に心配事が尽きず、いつクラスターは発生してもおかしくないと思っています。私は自宅から1分程度で行ける工房を行き来しているだけなので、買い物さえ気をつければ感染が避けられるかなぁと思っていますが、どうでしょうか。さて、休庁期間は創作活動にとっては有効な時間です。亡母のことで喪に服しているので、元旦は初詣にも行かないため、私は人混みに出ることもなく、創作活動に邁進できるだろうと思っています。この長い休暇中に制作すべきことは新作の土台です。厚板材を鋭角な二等辺三角形に切断し、それを20点配置して円形に構成するのですが、その1点1点に箱型にした厚みを作り、しかも表面に複数個の穴があいていて、そこから陶彫部品が顔を出すように作ろうとしています。ひとつの二等辺三角形から大小2個か3個の陶彫部品が顔を出します。四角い構築物がニョキニョキ生えている状態を作るのです。今日3点の土台の切断と接着を終えました。残り17点。しかも全部に砂マチエールを施し、油絵の具を滲み込ませなければ土台の完成にはならないので、これからどのくらい時間がかかるのか、制作工程を考えるだけで頭を抱えてしまいます。ということで今回の休庁期間は土台の制作に本腰を入れます。もちろん陶彫制作もやっていきますが、土台がある程度進んだところで、陶彫制作に戻ります。とりあえず土台の箱型を10点作ることを、休庁期間の制作目標に掲げていきたいと思います。このところ毎日美大受験生が工房に来ています。冬休みになってもコロナ渦でどこへも出かけられない彼女は、デッサンに精を出しているのです。

関連する投稿

  • 週末 窯のメンテナンス&自宅リフォーム職人下見 週末になりました。今月の週末は朝から工房で木材加工に取り組んでばかりいて、単調な作業が続いています。今日も例外ではなく新作の屏風になる厚板材に格子模様を刳り貫く作業を行っていました。朝10時になると […]
  • 三連休 土台作り&結婚披露宴へ 三連休の中日です。今日の午前中は新作の土台作りに取り掛かりました。たとえ2時間でも自宅でゆっくりするよりは工房に行って、厚板を切断する作業を選びました。切断というより穴を刳り貫く作業に終始しましたが […]
  • 三連休 制作&母の税務処理 三連休になりました。天皇誕生日が日曜日にある関係で、月曜日が振替休日になり、この時期に三連休が設定されているのです。三連休初日は、このところずっと関わっている板材の刳り貫き作業を工房でやっていて、何 […]
  • 週末 自宅リフォームに向けて やっと週末がやってきました。創作活動で工房に朝から籠っていて、新作の板材刳り貫き作業をやっていました。刳り貫き作業は3枚目に入りましたが、いつものように土曜日はウィークディの疲れがあって遅々として進 […]
  • 週末 板材刳り貫き作業&自宅リフォーム注文 週末になりました。朝から工房に篭って新作の陶彫制作に明け暮れていました。今日から屏風になる厚板材の加工を始めました。まず鑿による彫りの前に、板材に格子窓を刳り貫く作業があります。これはなかなか手間が […]

Comments are closed.