11月の制作目標

今月の制作目標を考えてみました。今月は昨日の日曜日を含めると5回週末があります。加えて明日の文化の日(火)、23日の勤労感謝の日(月)が休日になっていて、創作活動が可能な日は多いのではないかと思っています。今月も先月に続いて週末は陶彫制作一本に絞っていこうかなぁと思っています。現在進めている新作にはかなりの数量の陶彫部品が必要なため、制作工程で乾燥に要する時間が必要な陶彫を先に進めていくのがベストだろうと考えます。制作サイクルで言えば、週末ごとに陶彫部品4点は最低でも作れますが、どうもそれだけでは間に合わなくなる可能性があり、ちょっと無理をしていかざるを得ません。先月からウィークディの夜も制作していますが、昼間の仕事との兼ね合いでこればかりはどうなることか分かりません。来年度人事を始めている今月は心身ともに疲れる時期だから休息も必要かもしれません。休息には鑑賞を充てていくことを考えています。美術館や映画館などに出かけて行く鑑賞行為は、制作と鑑賞が両輪としての創作活動と考えると、決して休息にならないと思いますが、一日をのんびり過ごすことがない私には、鑑賞するために東京などに足を運ぶこと自体が楽しみの一つであり、休息なのです。RECORDは下書きの山積みがなくなり、日々一日1点制作に流れを戻したことを契機に、このままこれを続けていこうと思っています。RECORDは一年1回の撮影があるため、この時期は比較的良好な流れになるのですが、夜の自宅での制作はその日の疲労度により左右されることが多く、また山積みが始まらないとは限りません。毎年この時期にRECORD制作の決意表明をしているにも関わらず、辛い結果になっているのですが、今回も懲りることなく一日1点制作の決意表明をしたいと思います。このNOTE(ブログ)も同じです。NOTE(ブログ)は自らの思考を深めるのに役立ち、また記録にもなっているので、これも継続したいと思っています。私の座右の銘は「焦らず休まず」であり、「継続は力なり」ですが、もう一度肝に銘じていきたいと思います。読書は現在も日系アメリカ人彫刻家のエッセイや現象学者が著した論理学に関する書籍に挑んでいます。これも創作活動に通じるものとして私は捉えていて、彫刻の在り方を考えていく上で必要と思っているのです。

関連する投稿

  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • 例年とは異なる5月です 新型コロナウイルス感染拡大が、日常生活に影響を及ぼす状況がこのところずっと続いています。5月になっても通常の生活に戻れる気がしません。そんな中ですが、今月の創作活動について考えてみたいと思います。創 […]
  • 9月はいつ涼しくなるのか? 9月になりました。今日はやや涼しくて凌ぎやすい一日になりました。今日は「防災の日」でもあり、今を遡る97年前に関東大震災があり、それが起因となって「防災の日」が設定されたようです。職場でもコロナ渦の […]
  • 寒さ増す11月の過ごし方 11月になりました。私は今日からネクタイを着用しています。凌ぎやすい季節になって、創作活動に拍車をかけようと思っています。新作の制作状況は、2つの塔が連立する陶彫作品を作っていますが、床に接する1段 […]
  • 週末 12月になって… 今日から12月です。多忙な師走で公務員管理職としての仕事が慌しくなる上に、創作活動も最初の佳境を迎える1ヶ月になりそうです。新作は図録撮影が終わった6月から始めていますが、夏の休庁期間よりも今月にあ […]

Comments are closed.