週末 彫り込みをする文様について

週末になりました。台風14号の影響があって、昨日から終日雨が降り続いています。気温も急激に下がり、上着が必要になっています。昨日は外会議から帰る途中に日用雑貨店に立ち寄ってハンドスプレーを購入してきました。プラスチック製の安価なものですが、先日壊れてしまい、陶彫制作にはなくてはならないものだと認識しました。制作途中の陶彫部品は表面が乾かないように水を打ってビニールで覆っておきます。その水を打つためのハンドスプレーなのです。毎週末、制作途中で作業を中断することが多いので、工房にはビニールで包まれた陶彫部品が数点あります。成形だけで終わっているものや彫り込み加飾がまだ出来上がっていないものなどがあり、乾燥の具合を見て作業を進めていきます。今日の作業は彫り込み加飾2点と、明日の成形に備えて大きなタタラを数枚用意することでした。彫り込み加飾は前にも書きましたが、工芸的な作業で時間がかかります。今までの作品はひとつパターンが決まれば、全てその文様を彫り込んできましたが、新作は陶彫部品によってそれぞれ彫り込む文様を変えています。とは言ってもパターンの法則性はそのままにしておいて、デザインのバリエーションを増やしているのですが、これが手枷足枷になってなかなか厳しいものになっています。私は自分自身で法則を作って苦しんでしまうのが癖になっていて、自分で自分の展開力を試しているところがあるのです。新作は構築物としては単純な直方体が基本なので、彫り込み加飾で変化をもたせようとしています。陶土が粗いため緻密な文様は出来ませんが、それでも繰り返す文様は一定の美しさを保っています。これを造形全てを覆う飾りとしてではなく、立体に変化を齎す効果として扱っているのです。文様を施すことで立体に性格をもたせ、個性を引き出そうとしています。彫り込み加飾は、実のところ加飾ではなく、それ自体も立体の内容を雄弁に語る要素です。今日は朝9時から午後4時までの7時間を工房で過ごしました。ほとんど彫り込み加飾に費やしてしまいましたが、全て仕上がったわけではなく、今後も作業は続行です。明日は新たな陶彫成形を行なうので、彫り込み加飾はどんどん遅れをとってしまっている現状があります。昨日買っておいたハンドスプレーが活躍しました。

関連する投稿

  • 週末 12点目の陶彫成形 今日は昨日に続き、陶彫制作に没頭した一日でした。座布団大のタタラはやや柔らかめで、立ち上げる時に裏から陶土を紐状にして貼り付けています。これは補強のためにやっていることで、タタラと紐作りの双方で高さ […]
  • 四連休初日 彫り込み加飾の一日 今日から四連休が始まりました。創作活動に邁進するつもりですが、あんなに辛かった酷暑もなくなり、朝晩は凌ぎ易くなったため身体に疲労が出ているらしく、気力が今ひとつ保てません。それでも今日は朝8時に工房 […]
  • 創作意欲が増す10月に… 今日から10月が始まりました。10月は気候が良くなり、心身ともに心地よくなるため、芸術活動や芸術鑑賞が華やかに展開する季節です。私も創作意欲が増すのではないかと自分自身に期待をかけています。陶彫によ […]
  • 小品を1点廃棄することに… 今年作っている陶彫の小品「陶紋」は5点ありましたが、窯出しをしたところ5点のうち1点に罅割れがあり、修整不可能と判断して廃棄することにしました。廃棄を決めた1点は、彫り込み加飾を一番細密にやっていた […]
  • 週末 5点目の陶彫成形 今日は酷暑から解放されて凌ぎ易い一日になりました。久しぶりに朝から午後まで工房で過ごし、新作の5点目になる陶彫成形を行ないました。陶彫の制作工程の中で、成形こそが唯一立体を作り上げる工程で、彫刻的に […]

Comments are closed.