復元された建築家の邸宅

夏季休暇を利用して東京都小金井市にある「江戸東京たてもの園」に行き、野外展示されていた建造物の中に復元された建築家前川國男邸があったので見てきました。前川邸は木造のモダンな佇まいで、板壁の素材感に私の感性が擽られました。第二次世界大戦があった当時にも関わらず、よくぞこんな資材が手に入ったなぁと思わせるほどの完成度で、日本を代表する建築家宅に相応しい風格を感じさせてくれました。「江戸東京たてもの園」のギャラリーショップで「前川國男邸復元工事報告書」を見つけたので購入してきました。報告書の中の概説から引用いたします。「昭和17年頃は戦時体制下で、建築資材の入手が困難であったり、または使用を制限されている時期であった。~略~1973年(昭和46)に前川國男邸は解体され、軽井沢にあった父の代に建てた別荘に運ばれ、部材として保存された。~略~1994年(平成6)七月頃、前川國男邸が部材として軽井沢の別荘に保存されていることを知った東京都江戸東京博物館野外収蔵委員会委員である藤森照信氏より江戸東京たてもの園の収蔵建造物としてどうかという連絡があった。」(早川典子著)これが前川國男邸が復元保存された経緯です。前川國男は東大で建築を学んだ後、フランスでル・コルビュジエに師事しています。その影響が読み取れる座談会が報告書に記載されていました。「戦前の段階ですと、バウハウスのデザインを継いだ人たちが日本でも主流だったんです。~略~要するにバウハウスのデザインの非常に禁欲的で、当時の言葉で言いますと、箱とガラスのような非常に禁欲的なデザインをやっていたわけです。むしろその中では~略~コルビュジエの影響を受けた人たちというのはむしろ少数派であったわけです。むしろその少数派が戦後に、日本の場合、世界的に見ると非常に特異な例ですけれども、主流になっていった。おそらくその大きな力になったのが前川さんだと思います。」(藤森照信談)座談会では前川國男邸から話の端を発し、戦後日本の建築界の流れまで盛り込まれていて、大変興味のある内容になっていました。

関連する投稿

  • 回遊(遊歩)式庭園について 「ノグチと佐野藤右衛門の最大の闘いは低木をめぐるものだった。佐野は伝統的な『見え隠れ』の考え方に従った。遊歩式庭園の一部は隠され、それから来園者が移動すると姿をあらわす。佐野は庭園の石のいくつかが隠 […]
  • 2月RECORDは「灰」 今年のRECORDは色彩を月毎のテーマにしています。今月は「灰」にしました。先月は「白」でやりましたが、今もずっと無彩色が続いています。灰色というイメージは、私にとって決して明るいものではありません […]
  • 建築に纏わる東京散策 今日は夏季休暇を取得して、前から計画していた東京の展覧会等の散策に出かけました。先日も夏季休暇を使って「江戸東京たてもの園」に行ったばかりですが、今日も建築に纏わる散策になりました。例年なら夏季休暇 […]
  • 長梅雨だった7月を振り返る 今日は8月1日ですが、昨日まで旅行に出ていた関係で、7月の振り返りが出来ていません。今日振り返りを行い、8月の制作目標を明日立てることにしました。今年は長梅雨で夏を待ち焦がれていました。7月の終盤に […]
  • 「謎多い遊行僧円空にひかれて」について 「あそぶ神仏」(辻惟雄著 […]

Comments are closed.