15回目の個展最終日&搬出

新型コロナウイルス感染拡大が毎日マスコミで報じられる中で、今回の個展開催が決定し、今日はその最終日になりました。感染者の数が高止まりしているにも関わらず、経済を回していかないと日本全体がダウンしてしまう事情を考えると、以前のような緊急事態宣言は出さないかなぁと思っていて、そんな社会情勢の中での個展は忘れられない記憶の一場面になるかもしれません。最終日には旧友の鎌倉彫の職人さんが来てくださったり、出版関係の方や作家の方々も見に来てくれて有難いと感じました。例年なら梅雨明けがあり、夏空が広がっていたはずなのに、今日も時より雨が降って、個展開催中はずっと曇り空だったように思います。重く垂れ込めた空、コロナ渦の影響で東京銀座の大通りも人が疎ら、そんな鬱陶しい状況も今年は特別だった感じがします。搬出作業は、搬入の時に手伝ってくれたスタッフが集合してくれました。もう15回目の個展となれば、搬出作業は慣れていて手際よく進みました。運送業者が預かっていてくれた梱包用木箱20箱、板材用ビニールシート数枚に、陶彫部品やら板材がどんどん包み込まれていって、1時間程度でギャラリーの空間はすっかり片付いてしまいました。個展は名誉なことで嬉しい反面、私にとってはじっと自分の作品と対峙しなければならない時間があって、辛いと感じることもあるのです。非日常空間は精神的に疲れることもあります。作品が全て梱包されてしまったことでホッとする瞬間があります。漸く1年1回のイベントが終わったと思えた時に、胸を撫で下ろすことが出来るのです。梱包された作品群はトラックに積まれて、横浜の工房に向かいました。手伝ってくれたスタッフたちも車2台に乗って、首都高速を一路工房に向かいました。工房の1階に積み下ろし、今日の作業は終了しました。ロフトに上げるのは冬に時期にしようと思っています。手伝ってくれた人たちに夕食を振舞って、今回の個展振り返りを行ないました。

関連する投稿

  • 週末 日常を取り戻す 昨日で個展が終了し、今日から通常の制作に入ることにしました。イベント終了の翌日は複雑な心境になります。一日ゆっくり休みたいと思うのですが、私の流儀はそうではなく、最新作の制作を何が何でも続けていくの […]
  • 週末 陶彫制作の正念場 今日は朝から工房に篭りました。大作「発掘~聚景~」では屏風と床を繋ぐ陶彫部品が残り数点になり、それらの成形をやっていました。いずれも大きな陶彫部品ではありませんが、数多く作らねばならず、切迫した焦り […]
  • 週末 屏風裏面塗装&最新作続行 週末になりました。関東は梅雨に入り、今日は時折どしゃ降りの雨が降りました。湿気を孕んだ気候は、人には不快を与えるものですが、陶彫には絶好の季節で、とりわけ乾燥がゆっくり進むので、その段階で罅割れるこ […]
  • 週末 陶彫加飾&お礼状宛名印刷 今日は朝から工房に篭りました。昨日の午後作業するはずだった成形の最終的な詰めを朝のうちにやりました。陶彫成形の内側から紐状にした陶土を貼りつけて補強をした後、表側から板で叩いて形を整えます。形は立体 […]
  • 週末 19’RECORD撮影日 懇意にしているカメラマンが私の作品を撮影する機会は、年間で3回あります。1回目は個展図録用の撮影日で、ここで7月の個展に向けて新作の陶彫作品全てを撮影していきます。日頃から付き合いのある複数のスタッ […]

Comments are closed.