6月RECORDは「橙」

今年のRECORDのテーマは色彩です。「白」、「灰」、「藍」、「紅」、「緑」に続いて今月は「橙」にしました。これは橙色と言う意味で、橙の果実を指すものではありません。果実を指すのであれば、橙が橙色に色づくのは冬なので、今の季節には橙は相応しくないのです。因みに果実の橙はミカン科の常緑木で、面白い特徴があることを知りました。橙は正月飾りに使われる縁起物ですが、その理由が分かりました。橙は実が何年も木についていて落ちることがないのです。冬に橙色になり、暖かくなると青くなります。それを繰り返すため、橙は「回青橙」と言われ、長寿に見立てて縁起物の扱いをされるようになったのです。そのまま食べても苦みや酸っぱみがあって美味しいとは言えませんが、色彩の微妙な感じは美しいと思っています。色彩をテーマにするようになって、私は日本の伝統色を調べるようになりました。その名称が面白くてイメージが膨らみます。工房に出入りしている若いスタッフの中に日本の伝統色に興味を持って、そこからコトバを紡いでいる子もいます。確かに季節感や情緒を感じさせる名称が、いかにも詩的な興趣をそそるのかもしれません。橙色もそうですが、微妙な色彩ニュアンスがあって、1ヶ月のテーマとしてはイメージが限定されて難しいかなぁとも思っています。ただ、単純な12色の色相環ではなく、日本の伝統色を意識しているのには絵画世界を創りやすい心情が働いているとも言えます。色彩には心理的なものを表現できる強みがあり、それをRECORDで獲得できないかぁと思っているのです。現在は仕上がっていないRECORDが山積していて、悩ましい状態が続いていますが、少しずつ挽回を図りたいと思っています。

関連する投稿

  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]
  • 3月RECORDは「藍」 今年のRECORDのテーマを色彩にしています。1月は「白」、2月は「灰」にしてきましたが、今月から有彩色にしていこうと思います。考え方としては基本となる色相環の色彩ではなく、RECORDとして絵画的 […]
  • 5月RECORDは「緑」 今年のRECORDのテーマを数ある色彩から一色選んで採用しています。5月は季節感のある「緑」にしました。相原工房から眺める木々の美しさにいつも心が安らぎ、陶彫制作の休憩には青葉若葉を楽しんでいます。 […]
  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 20’RECORDの方向性 2020年も一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORDを頑張っていこうと思っています。このところNOTE(ブログ)の話題は陶彫制作に偏っていますが、元旦からRECORDもやっていて […]

Comments are closed.