新鮮さを呼び覚ます遊び心

昨晩、週末の制作疲れでぐったりしてテレビを見ていたら、ベテラン染色家の制作風景と作品が映し出されて、ハッと新鮮さを感じました。NHK日曜美術館で取上げられていたのは現在97歳の柚木沙弥郎氏。前に一度放映されていたものも含まれていて、その時も私は見ていましたが、私の気分的なものなのか、その時よりも昨晩の方が感覚に直に訴えてくるものがありました。松本市美術館での展覧会が、新型コロナウイルス感染症のため開催中止になったので、そのこともあってテレビで会場の映像を流していたのでしたが、相変わらず斬新な世界観に私はつい魅せられてしまいました。嘗て私は東京駒場にある日本民藝館で開催された「柚木沙弥郎展」を見に行ったこともあります。日本民藝館の和風の空間に柚木沙弥郎ワールドはとてもマッチしていて、民族的な造形と簡潔で抽象的な造形が織りなす布が、私に新たな感動を齎せてくれました。私はアフリカの仮面を初めとする民族的な造形が大好きです。泥染めされたアフリカの布は我が家にもあります。柚木沙弥郎ワールドはそんな土俗性とモダンデザインを合わせ持つのです。柚木沙弥郎氏の南米のおもちゃのコレクションや食事風景も楽しく拝見しました。野菜サラダと葡萄パンの食事。大胆な型紙のカット場面。とても老齢とは思えない造形感覚に、私も負けてはいられないと思った次第です。新鮮さを呼び覚ます遊び心は、アーティストは常に持っていなければならないと思っています。余裕がなくなっていた私の心に、ポッと明かりが灯ったようなひと時でした。

関連する投稿

  • 東京駒場の「柚木沙弥郎の染色」展 90歳を超えても現役で活躍する染色家柚木沙弥郎。先日、NHK番組の日曜美術館で紹介されていて、その制作風景を見た私は創作意欲が刺激されました。自由闊達で好奇心の塊のような作家は、床に敷いた大きな平面 […]
  • 造形意欲を刺激する仮面 東京都庭園美術館はアール・デコ建築による独特な雰囲気を持つ美術館ですが、同館で開催している「マスク展」は如何なものだろうと思って、先日同館に出かけました。自分は昔から仮面が大好きで、その民族が有する […]
  • 出張の後で美術館散策 今日は全国自治体の管理職が集まって会議を行いました。職種はここでは言えませんが、北は北海道から南は沖縄までの管理職が東京代々木のオリンピック記念センターに集まりました。自分も今日は職場ではなく、直接 […]
  • 「ジャック・カロ展」奇想の劇場 東京上野の国立西洋美術館で開催されていた「ジャック・カロ展」に行った感想を書きます。副題に「リアリズムと奇想の劇場」と謳っていたのが、この展覧会を見ようと思ったきっかけです。細密な銅版画による人物描 […]
  • 今夏見たい展覧会 今夏の東京近郊の美術館では、自分の興味関心のある展覧会が目白押しです。2年ほど前までは自分の個展開催に合わせて東京の美術館を見て回っていましたが、最近はそれもできず、日を改めて美術館に行くことになり […]

Comments are closed.