2つの道筋について

今日のタイトルは私の二足の草鞋生活に関するものです。ひとつはウィークディの仕事についてのことです。新型コロナウイルス感染症予防のための緊急事態宣言が今も神奈川県に出されていますが、そろそろ宣言が解除されて、仕事が通常勤務に戻りそうな気配があり、その道筋をどう作っていくか、職場で話し合いを持ちました。そこで来週1週間を通常勤務の準備期間に当てることにしました。来週月曜日に職員を全員集めて、私から今後の流れを伝えようと思います。もちろん人と人との距離を充分に確保して、久しぶりに全員で打合せを持ちます。私たちの職種は神経質になりがちな一面もありますが、ともかく業務を再開して通常に戻さなければならない使命もあるのです。今後の年間計画の練り直しもあります。さまざまなことを精選しないと立ち行かないこともあります。1週間という準備期間はどうしても必要で、部署ごとに打合せをしなければならないのです。これは職員全員の力を結集して臨みたいと思っています。もうひとつの道筋は創作活動についてです。これもいよいよ時間との勝負になってきました。陶彫部品の窯入れはあと2回必要ですが、乾燥がどこまで進むのか心配の種はつきません。乾燥にしても焼成にしても自分の力ではどうにもならないもので、陶彫制作の辛い部分でもあります。明日からの週末はテーブル彫刻の柱の木彫に当てます。木彫は自力で何とかなるものなので、陶彫に比べると神経の使い方がまったく違います。7月個展がどうなるか、まだ分かりませんが図録のための撮影日は今月31日(日)に予定しているので、何とか完成に漕ぎ着けたいと思っています。ゴールは見えているのに、焦りばかりで気が立っています。職場は組織を動かしながら成果を上げていくものですが、創作活動は私一人が動いていくものです。どちらの道筋も切迫した状況にあり、日々緊張感があります。これを楽しめる余裕がないのが残念ですが、今は目前のものに対して頑張っていくしかないのです。

関連する投稿

  • 謹労感謝の日に寄せて 祝日法では「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」日と言うのが勤労感謝の日です。だから今日は通常の勤務を要さない日ですが、職場ではやらなくてはならない仕事を抱えて休みが取れない職員が結構いま […]
  • 4月 新年度開始の日 4月になりました。職場は新年度を迎えました。4月は出会いと別れの季節です。自分も今の職場に昨年4月に赴任してきました。月日が経つのは早いもので、あれからもう1年が過ぎたとは考えられません。2年目の職 […]
  • 今年は健康を願う NOTE(ブログ)のアーカイブを見ていると、昨年のこの時期に風邪をひいて喉に違和感があったようです。昨年の今頃は「発掘~混在~」の箱作りが始まっていて、週末は厚板に一所懸命彫り込みをしていました。喉 […]
  • 三連休 遅々として進まぬ木彫 今日から三連休は制作三昧で過ごす予定です。ところが今日は木彫の柱の仕上げが遅々として進まず、調子が出ませんでした。ウィークディの公務が影響して、切り替えが出来ないためです。二束の草鞋を履いて、ずっと […]
  • 閉庁日(休庁期間)の幕引き 9日間続いた閉庁日(休庁期間)が今日で終わります。私は9日間のほとんどを陶彫制作に費やしました。新作の屏風に接合する陶彫部品は18点出来ました。そのうち5点が焼成も終わっていて、今日制作した2点は彫 […]

Comments are closed.