縮小してしまった重要なイベント

新型コロナウイルスはいつになったら収束するのでしょうか。先が見えない中で、戦々恐々とした毎日を送っていますが、1年間で1回の大きなイベントも縮小して実施することになりました。私のNOTE(ブログ)を同業者が見ているので、職種を隠さなくてもいいのではないかと言われたことがありますが、退職するまでは職種を知らせない方針でいこうと思っています。今日行われた重要なイベントは儀礼的なものでした。本来なら職場がある地域にもイベントを開放し、また来賓として来ていただく地域の方々がいるのですが、そういうゲストは一切入れない身内だけのものになりました。私の祝辞は例年なら広く公開されるところを、今回に限っては身内だけのものになり、定期的な朝礼に近いカタチになりましたが、今日のイベントはそんな条件であっても1年のけじめとして執り行うことになったのでした。祝辞の中で私は9年前の東日本大震災に触れて、命を繋いでいこうと呼びかけました。さまざまなところでイベントが中止になっている現在の世情を考えると、このイベントがたとえ縮小であっても、決行出来たことに感謝申し上げたい気分です。イベント縮小に伴い、職員同士の慰労会もなくなりました。また4月に入って儀礼的なイベントが続きますが、新型コロナウイルスの感染が広がっている中で、新年度はどうなっていくのか心配の種は尽きません。私にとっての救いは、今のところ職場関係者に感染した者がいないこと、工房に出入りしている若いスタッフは相変わらず元気でいてくれること、これに尽きると言えます。私自身も手洗いやうがいは欠かさず行うようになりました。マスクは人の集まるところに出かけるときは着用しています。私は花粉症のくせにマスクが苦手です。でもそうは言っていられない状況なので、煩わしくてもマスクをするようにしています。生活までも変えてしまう感染症。今は一刻も早く収束することを願うばかりです。

関連する投稿

  • 新しいキッチン設置 自宅1階のリフォーム工事が進んでいます。室内全体にクロスを貼るところまできたようですが、今日はシステム・キッチンが搬入されました。2人の業者がキッチンの組立てを行いました。私たちにとってキッチンがな […]
  • 縮小した儀礼的イベント 私の職種では年間に2回、儀礼的なイベントが開催されます。新年度の出発式とも言えるイベントで、本来なら地域に開放し、来賓を招いて行うものなのです。新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの職種にも影響を […]
  • 母が他界した日 私の母が他界しました。享年94歳。大正15年生まれで、大正、昭和、平成、令和の4つの時代を生きた人でした。数年前から介護施設にいて、昨晩体調が悪化して病院に救急搬送され、その時家内と見舞ったのが母の […]
  • 自宅キッチンの解体工事 自宅のリフォーム工事が始まって2週間目に入っていますが、和室を洋室に替えていく工事に完了の目途が立ちました。さらに隣接するダイニングの改修工事が今日から始まりました。ダイニングには30年前に入れたシ […]
  • 週末 工房の環境を考える 新型コロナウイルスの感染拡大が心配される昨今ですが、自宅にいるように政府が呼びかけています。不要不急の外出は避けるように言われていますが、そんな時だからこそ自宅の傍にある工房の環境を考えてみたいと思 […]

Comments are closed.