3月の制作目標

新作は6枚の厚板を屏風に仕立て、そこに接合する陶彫部品と、屏風の前の床に置くステーションと名付けた陶彫部品を連結して集合体にしようと考えています。これらを集合彫刻として場を設定した空間演出の展示にする計画です。まず2つのステーションは焼成まで終わり、完全に出来上がっています。屏風にボルトナットで接合する陶彫部品も焼成まで終わっています。屏風になる厚板の格子模様の刳り貫きは全て出来上がり、次の制作工程である砂マチエールを行なう予定です。まだ手をつけていないのは2つのステーションと屏風に接合する陶彫部品を繋いでいく陶彫部品で、これはまったく出来ていないのです。あと何点くらい陶彫部品を作ればいいのか、計算しながら制作を続けようと思っています。まず、今月の制作目標は屏風の板材に砂マチエールを施し、油絵の具を染み込ませる作業を中心にしようと思います。つまり屏風の完成を目指しているのです。同時に前述した繋ぎの陶彫部品の今後の見通しと制作も加えたいと思っていますが、今月中にそこまで出来るかどうか分かりません。今月は春分の日を含む三連休がありますが、年度末を迎えた昼間の仕事が多忙化するため、身体的にも精神的にもかなり負担が生じると考えているからで、職場が新型コロナウイルスの影響で2週間休業しても、管理職の仕事が楽になるとは思えません。ただし、制作工程で言えば最後の段階が一番面白くて、逆に大変厳しく、この3月と4月をどう乗り切るか、これが新作が成功するか否かのポイントになるといっても過言ではありません。ここが気分が一番高揚するところでもあるのです。陶彫制作に限らず、RECORDも何とか挽回できないものか、特別な休業期間を使って、仕事の休憩時間に制作を試みるつもりです。新型コロナウイルス感染防止のために人と接することはせず、内側に篭ることなら創作活動は絶好の機会です。今月は頑張りたいと思います。

関連する投稿

  • 表現や素材に対する浮気 ストイックな抽象表現をやっていると、具象的な表現に憧れ、人物を塑造してみたくなります。具象的なカタチには自分の頭では考えられない様々なカタチがあって観察を極めたくなるのです。抽象と具象は割り切って区 […]
  • 三連休 制作の合間に… 三連休の中日です。朝から工房に行って昨日から続いている厚板材の彫り込み作業をやりました。三連休の制作目標にしていた彫り込み作業は、今日の夕方には完成し、絵画的なイメージの作品は後に回すことにしました […]
  • 週末 RECORD撮影日 例年5月に個展用の図録撮影がありますが、陶彫作品だけでなく、自分にはRECORDと称するポストカード大の平面作品があります。毎晩自宅で作っている小さな作品ですが、塵も積もればの感があって作品点数はか […]
  • 2月制作目標は木材加工 今月はもう既に1回分の週末が過ぎてしまいましたが、改めて今月の制作目標を考えてみました。2月は建国記念日や天皇誕生日の振替休日があって、11回の休日があります。そのうち2回は過ぎたので、残り9回を創 […]
  • 休庁期間の始まり 毎年、休庁期間をどう過ごすのか、創作活動に没頭する中で制作目標を立てています。目標としては大きな陶彫の新作の床に這う根の部分の完成と、やや小さめの3点のテーブル彫刻のテーブル部分を作ることです。3点 […]

Comments are closed.