三連休 板材二層目に突入

今日は天皇誕生日の振替休日で、三連休の最終日になります。今日も朝から工房に篭りました。新作の屏風になる板材は一層目が出来上がり、今日から二層目に突入します。一層目は全体に格子模様を刳り貫いていますが、二層目はどこを刳り貫こうか考えながら、作業をすることにしました。私がイメージしているのは、岩壁に空洞が不規則に開いた古代遺跡です。嘗て見たトルコのカッパドキアの奇岩群に、キリスト教徒が住みつき、ちょっとした集団住居になっていた風景がありました。既に記憶が消えかかっているので、頭の中でその住居を象徴化していくしかイメージは捉えられません。でも、滞在当時は暗い穴倉を訪ね歩いたことを微かに思い出すことが出来ます。新作では、壁沿いに荒廃した住居があって、そこに有機物となった陶彫が絡みついた状態を作ろうとしていて、通常ならおどろおどろしさを感じさせるところですが、古代出土品を思わせる素材の雰囲気と、造形芸術への志向が救いになって、彫刻作品としての佇まいを辛うじて留められるのではないかと思っているのです。とにかく二層目はデザインが決め手です。漸く面白味のある制作工程まで辿り着いた感じがしています。先のことを言えば、一層目と二層目を接着し、そこに砂マチエールを施します。さらに油絵の具を滲み込ませる工程がありますが、過去の作品はブラウン系の色彩を使いましたが、今回はグレートーンにしようかと思っています。下地の色彩はやや明るめのイメージを持っていて、陶彫部品が際立つようにしようと決めています。過去の作品は陶彫の素地と砂マチエールを馴染ませようとしてきましたが、今回はその逆をいきます。今日から板材二層目に突入して、徐々に先のイメージが明確化してきました。この三連休は木材加工ばかりに追われてしまいましたが、イメージの具体的な把握という大きな収穫もありました。三連休とも朝から夕方まで集中して作業に取り組んでいて、身体が悲鳴を上げる一歩手前までやってきていました。ウィークディの仕事も来年度人事に関わる仕事が始まっていて、なかなか厳しいなぁと思っています。私は花粉症で、今ひとつ体調がすぐれない日もありますが、今年は新型コロナウイルスが今後どうなっていくのか、社会情勢にも目を凝らさなければならないなぁと思っているところです。手洗いとうがいは欠かせなくなりました。

関連する投稿

  • 週末 テーブル彫刻の脚 今日は朝から工房に篭って制作三昧でした。今月の目標にあった通り、今日は新作の背の低い方のテーブル彫刻に脚を設置する作業をしました。背の低いテーブル彫刻は4体でひとつの世界を構成するのです。だからテー […]
  • 週末 木彫三昧 今日は朝8時から夕方4時まで工房にいました。「発掘~群塔~」の木彫が始まっていて、今日は8時間近くを木材を彫って過ごしました。言わば木彫三昧で、工房のあちらこちらに木屑が飛び散っています。まだ粗彫り […]
  • 週末 陶彫によるテーブルの脚 週末は専ら制作に時間を費やしています。今日も工房に篭りました。久しぶりに若いスタッフも来て、大学院の修了制作に取り組んでいました。私は新作のテーブル彫刻の陶彫部品を作っていました。テーブルは木材を使 […]
  • 8月 制作目標を考える 8月1日になりました。今日は生活習慣病検診があって、職免をいただいて午前中は病院に行きました。胃の検診でバリウムを飲むので、午後は職場に行かず、今日も昨日と同じ夏季休暇の半日分を取りました。自分はバ […]
  • 週末 木材補強の日 新作の屏風になる6点のボックス。ひとつが畳大で縦180cm、横90cmあります。直方体の奥行きは15cm程度ですが、そこに陶彫部品が数十点ボルトナットで接合されて、言わばボックス内に収められたレリー […]

Comments are closed.