週末 若い人たちに背中を押されて…

昨日と違い、今日は身体が動き易く工房での制作は進みました。珍しく今日は2人の若いスタッフが来ていました。一人は大学及び大学院でテキスタイルを専攻し、染めの技法を駆使して自己表現に挑んでいる若いアーティストです。彼女は茨城県で個展を開催するらしく大きな布にロウケツ染めをやっていました。染めは描写とは異なり、染め粉を流したり、色彩を留めたりして自分のイメージに合わせてコントロールをするものです。彼女の方法は、ロウケツ染めと言っても通常の文様がしっかり浮かび上がるものではなく、微妙な色彩の綾が織り成す効果を求めて、手探りで重層的な表現を極めているように思えました。何点か作っておいて、ギャラリーの空間を見ながら作品を選んで展示方法を考えた方が良いのではないかと私はアドバイスをしましたが、最終的には彼女のセンスで決定するのです。どんな空間が創出できるのか楽しみでもあります。もう一人は高校生で、美大を目指して鉛筆による静物写生を描いています。この子はこれから長い道のりがあるなぁと思いつつ、地道な努力を続ける子なので、今後どんな飛躍があるのか楽しみでもあります。創作活動は決して華々しいものではありません。コツコツとした制作姿勢から何かきっかけを掴んで自己表現を確立するものです。また自己表現が確立しても、そこに安住できるものではなく、常に流動していくものではないかと思うのです。大きく言えば破壊と創造の繰り返しです。そんな若い人たちに背中を押されて、私も相変わらずの板材刳り貫き作業を頑張っていました。今月の週末は刳り貫き作業一辺倒で、創作行為というよりは職人的な作業ばかりです。彫刻は目の前に実材があるので、一気呵成には作れず、簡単に方向転換も出来ないのですが、自分にとって新しい表現を常に意識していきたいと思っています。

関連する投稿

  • 疲労?制作再開できず 今日は朝から工房に行って制作を再開する予定でした。工房には行きましたが、今ひとつ気分が乗らず、インドネシア旅行前に成形・彫り込み加飾していた陶彫部品の乾燥具合を確かめただけで自宅に帰ってきました。や […]
  • 休庁期間の始まり 毎年、休庁期間をどう過ごすのか、創作活動に没頭する中で制作目標を立てています。目標としては大きな陶彫の新作の床に這う根の部分の完成と、やや小さめの3点のテーブル彫刻のテーブル部分を作ることです。3点 […]
  • 三連休 制作の合間に… 三連休の中日です。朝から工房に行って昨日から続いている厚板材の彫り込み作業をやりました。三連休の制作目標にしていた彫り込み作業は、今日の夕方には完成し、絵画的なイメージの作品は後に回すことにしました […]
  • 週末 屏風の全体構成考案 「発掘~群塔~」の屏風部分の全体構成を考える時がやってきました。今まで3点の屏風作品を作っていますが、いずれも六曲一隻です。つまり6点の板材を折り曲げて組み合わせているのですが、今回の作品は定型には […]
  • 今月の制作状況を振り返る 今日は1月最後の日です。今月は正月の休庁期間から始まりました。その後に三連休が続きましたが、今月の制作目標に届かず、週末の制作はかなり奮闘しました。結局は7割程度の目標達成になりましたが、振り返れば […]

Comments are closed.