三連休 制作&自宅リフォーム打合せ

年末年始の閉庁日(休庁期間)が終わり、成人の日を含む三連休がやってきました。当然私は陶彫制作に明け暮れる三連休を過ごしますが、三連休中にいろいろな予定も組まれています。まず、今日の陶彫制作ですが、屏風に接合する陶彫部品としては最後となる2点の成形を行うつもりで、タタラを数枚準備しました。当初、屏風に接合する陶彫部品は22点と勘案していましたが、結局20点で済みそうで、それを確かめるため、屏風にする厚板6枚に対し陶彫部品をどのように配置するかの下書きを行ないました。厚板には既に格子模様をベースにした下書きがあって、その上に陶彫部品を乗せて配置を決めました。陶彫部品は焼成が終わっているものから成形や彫り込み加飾が終わったばかりで乾燥が進んでいないものまであって、厳密な下書きが出来なかったのですが、それでも一応アタリをつけておきたかったのでした。この全体構成で屏風のゴールが見えました。この三連休で屏風に接合する陶彫部品を終わらせたいと考えていて、次の週末からは厚板の格子模様を彫っていく作業に入りたいと思っています。夕方には自宅のリフォームに関する業者との打合せがありました。昨年暮れに外壁工事を終えたばかりの自宅ですが、その際同じ業者に内装のリフォームをお願いしていました。築30年の自宅は断捨離を兼ねてリフォームする必要があると以前から思っていたのでしたが、なかなか決断できず、今に至ってしまいました。私がまだ定期収入のある現職でいるうちにリフォームをやってしまうのがベストと思っていて、いよいよ準備に入ることになりました。30年前に自宅を新築した時は、私はまだ公務員の一般職で、超過勤務時間が定番化した激務だったと振り返っています。当時は働き方改革などという発想はなかったのでした。それでも仕事は結構楽しかったし、いい仲間に恵まれていたので何とか乗り越えてきたのでした。今は管理職になって仕事の質が変わりましたが、退職前に自宅をリフォームしたいなぁと望んでいたので、これは自然の流れかなと思っています。リフォームの1つ目はダイニングの隣にある和室を無くしてダイニングと一体化させ、そこに大きな収納空間を作ること、2つ目はキッチンを変えること、新築した時から体面キッチンを採用していましたが、時代と共に新しいシステム・キッチンが登場し、これも収納の多いキッチンに作り変えることにしたのです。3つ目は2階のリビングにある書棚の増設です。書籍が増えてきたので一気に壁一面を作りつけの書棚にすることにしました。この3つのリフォームが今回の計画ですが、現在の自宅は収納空間が少ないので、居住空間を収納に変えることが目的なのです。ちょっと楽しみになりました。

関連する投稿

  • 従兄弟会&陶彫制作 昔から正月は親戚縁者が集って宴会をやっている慣習がありましたが、私たち夫婦の叔父叔母は高齢化してどこかの家に集まることがなくなりました。そこで何年も前から従兄弟たちが集まることになったのでした。従兄 […]
  • 三連休 母の入院&10点目の陶彫成形 三連休の最終日になりました。今日は祝日で、嘗ての東京オリンピックに因んで「体育の日」と称されています。この名称は今年が最後と言われています。朝9時から工房に篭って、今日は丸一日を創作活動に充てる予定 […]
  • 20’創作活動の再始動 「創作活動の再始動」なんて大袈裟なタイトルをつけましたが、大晦日まで連日陶彫制作に明け暮れていて、元旦だけ陶彫制作を休んで今日からまた始めたので、再始動と言っても休んでいる感じはしません。仕事の閉庁 […]
  • 三連休 職員の結婚式に参列して… 朝になると大型台風が過ぎ去って、見事な青空になっていました。今日は前の職場で一緒に仕事をしていた若手職員の結婚式がありました。新郎は専門職の初任として4年間その職場に勤めていました。私は管理職として […]
  • 三連休 台風接近の中で自宅修繕相談 三連休が始まりました。台風19号が関東に近づいていて、時より雨風が強く工房の外壁に当たっていました。そんな中で午前中は工房に建築業者が来ていました。工房はさまざまな打ち合わせに使える場所で、自宅のよ […]

Comments are closed.