師匠の温かい助言

先日、ドイツの菓子シュトレンを長野県に住む彫刻家池田宗弘先生に郵送しました。そのお礼を兼ねた電話があったそうで、私が仕事で不在だったため家内が電話を受けました。私とも長電話になる池田先生ですが、私のことを気遣っていただいていることが家内に分かったようで、先生から言づけられた長い伝言を家内から聞きました。それは創作活動に関することで、私の作品を見ている鑑賞者から頑張っているという評価があったとしても、その言葉に左右されて、さらに頑張り通して心身ともに燃え尽きないようにという助言でした。創作活動はもっと自由なものなので、人からの評価で生真面目な私が苦しめられていないか、そこが心配だと先生は言うのです。マイナス評価ではないところが今回の助言の主訴で、作品の質がどうであれ温かい助言をいただいたものと私は理解しました。今までの14回の個展を見ていて、昔から馴染のある池田先生とギャラリーせいほうの田中さんが私について話し合っているようです。漏れ伝わった話では、アイツはこのままで大丈夫かということになっているようで、先輩たちの関心事に有難い気持ちにもなりました。私にとって父が亡くなって以来、池田先生が父親代わりになっている錯覚を持っていて、それは池田先生にとっても同様で、私を息子のように思ってくれていることが、今回の助言に表れていると感じました。でも私はこう見えても結構クールで人に左右されません。自分で考えを決めている結果として、毎回個展をやらせていただいております。外圧ではなく、内面から迸るものがあるから創作をやめられないのです。でもいつかはイメージが枯渇する時があるのかなぁと不安にもなりますが、イメージの限界はどこにあるのか分からない今は、只管将来を信じて進んでいくかしないと思っています。あと10年先、20年先の自作はどうなっているのか、考えたところで仕方がないので、とりあえず今は来年夏に発表する新作に没頭するだけです。

関連する投稿

  • 週末 「群塔」撮影日 今日は今夏個展で発表する「発掘~群塔~」の撮影日でした。この撮影日が作品の完成日となります。陶彫部品を組み合わせて集合彫刻としてまとめ上げる私の作品は、スタッフの協力がなければ組み立てられない作品な […]
  • 6月は梅雨と共に… 6月になりました。梅雨に入っているせいか曇り空と気温の変化で今日も体調は優れません。今月は7月個展に出品する「構築~楼閣~」の梱包作業があります。「構築~解放~」は既に梱包してあるので、今回の梱包作 […]
  • 7月の終わりに… 今日で7月が終わります。今月は東京銀座での個展があったためか月日が経つのが早く感じました。個展は搬入時に1年間の創作活動の結果が出ると自分は認識しています。実際は5月の図録撮影時に作品は完成している […]
  • 週末 作業中に湧くイメージ   今日も朝から工房で制作です。7月個展に向けて陶彫部品を作っています。相変わらずの週末の光景ですが、ふとしたことで次のイメージが湧いてきました。来年発表の作品は「発掘~鳥瞰~」の発展形で6点屏風になる […]
  • 「生老病死のアトリエ」 昨夜、NHK教育「日曜美術館」で彫刻家保田春彦先生の近況が再放映されていました。題して「生老病死のアトリエ」。81歳を迎えた老彫刻家の生き様をありのまま紹介した番組でした。自分の学生時代、保田先生は […]

Comments are closed.