三連休 屏風用厚板を購入

三連休の2日目です。今日は朝7時に工房に出かけ、昨日の続きである彫り込み加飾を行ないました。9時に一旦朝食を取りに自宅に戻った後、再び工房へ行き、土錬機を回しました。そろそろ貯蓄していた陶土がなくなりつつあって、栃木県益子の明智鉱業に連絡しないといけません。土錬機で陶土の混合を行いながら、菊練りを終えた陶土を掌で叩いて座布団大のタタラを8枚作りました。1点の陶彫成形に4枚のタタラを使用する計算にしてあって、2点同時に成形するために8枚のタタラが必要なのです。補強用に紐作りも行なうので、陶土はタタラ以外に残しておく必要もあります。そんなことをやっているうちに昼になり、近隣のスポーツ施設に水泳をやりに行って来ました。水泳をやっていると身体が思った以上に疲れていることが判明し、途中から水中歩行に切り替えました。午後から陶彫制作をやるべきか考えて、体力を消耗する陶彫制作より、屏風用厚板を木材店に調達に行こうと決めました。屏風は今まで何点か制作していて、デビュー作の「発掘~鳥瞰~」も屏風でした。畳大の6枚の厚板を折り曲げて床に立たせ、そこに半立体の陶彫部品を設合していく方法ですが、厚板に角度をつけるため、接合している陶彫部品にもそれぞれ角度が生まれ、結果大変面白い空間を現出させられることが分かり、それから何点も屏風の作品が誕生しました。屏風の作りも毎回異なっていて、1枚ずつの板を箱型にした場合もあれば、ブロックの木材を貼り付け、そこに木彫を施した作品もあります。また厚さをほとんど作らず、砂マチエールの厚みだけで表現した作品もありました。今回の新作では厚板にさらに厚みを加えることは考えていません。寧ろ厚板を彫り込んでいこうと思っています。陶彫部品に施している彫り込み加飾のカタチを、そのまま厚板の彫り込みのデザインに使おうと思っています。厚板への下書きをいつやろうか、全体をイメージして行なう作業のため、面白い反面、精神的負担を強いることになりますが、ワクワク感が止まらず、早い時期に実行しようと思っているところです。

関連する投稿

  • 杉材の追加購入 「構築〜起源〜」の雛型から割り出した柱の本数のうち不足している短めの柱を今日製材所でカットしてもらいました。50cmを36本。これを明日から作業場で彫り始める予定です。杉のいい香りが積んである車内に […]
  • 新作の素材購入 杉材が42本、自分の手許に届きました。これは長さ90センチの柱ですが、さらに長い柱が数十本必要です。新作「構築〜起源〜」を作るための素材です。素材を見ると何だか嬉しさでいっぱいになります。これは何度 […]
  • 「塑造」という原点 しばらく塑造をやっていません。自分が彫刻の世界で初めて作ったものが塑造による具象彫刻でした。針金にシュロ縄をまいて心棒を立て、そこに粘土を肉付けして目の前にいるモデルを作りました。空間に粘土でデッサ […]
  • 三連休 陶彫成形続行 今日は山の日です。今日と週末を足して三連休になりますが、職場は休庁期間に入っていて、そのおかげで今週は年休を取得して休んでいるため、三連休の有難味は半減しています。工房での制作は良い具合に進んでいて […]
  • 週末 新作陶彫を作り始める 今日は朝から工房に篭りました。今日は私に関わりがある美術系の高校生が夏休みの宿題をやりに工房に来ていました。今日は先日練っておいた陶土をタタラにするところから作業を始めました。菊練りした陶土を適当な […]

Comments are closed.