上野の「奈良大和四寺のみほとけ」展

先日、東京上野にある東京国立博物館本館で開催している「奈良大和四寺のみほとけ」展に行ってきました。奈良県にある岡寺、室生寺、長谷寺、安倍文珠院の4つの寺は、古刹の寺として一度は訪れてみたい場所です。その寺から仏像や文書が出品されていると知って、東京国立博物館にやってきたのでした。その日は六本木や銀座を歩き回って疲れていましたが、仏像の静かな佇まいに触れると不思議な安らぎに満たされて、暫し疲れを忘れました。図録からの文章を引用いたします。「このヤマトとその南の飛鳥が、八世紀初頭の平城京遷都まで、古代政治の舞台となった。ここに、安倍文珠院、岡寺、長谷寺と、その少し東に室生寺が所在する。いずれも創建は、七世紀から八世紀にさかのぼり、仏教が伝来して以降、受容発展した日本仏教の足跡を今に伝える古刹がある。」この4つの寺のうち成立が最も古いのは安倍文珠院で、本展には文珠菩薩像内納入品という文書が出品されていました。岡寺から出品されていた義淵僧正坐像を、私は肖像彫刻として写実性に注目しつつ、僧正の風貌が大変面白いと感じていました。図録には「行基はじめ多くの弟子を育てた高僧義淵が、天智天皇から寺地を賜って龍蓋寺とした。」とあって、これが岡寺の発祥と思われます。長谷寺からは小さめの十一面観音菩薩立像が出品されていました。深さを湛えた良い菩薩立像だなぁと思いました。長谷寺には十一面観音菩薩立像の巨大な本尊があり、このエピソードが図録にありました。「この聖なる像は、ある霊木から造られた伝承をもつ。すなわちその昔、近江国から流出した巨木が、漂着した各地で災いを起こしながら、やがて当地にたどり着いたという。この祟りをなす霊木を御衣木として造られたのが本像だった。」最後に室生寺の釈迦如来坐像の佇まいに触れます。一木彫像の真骨頂と図録にありましたが、着衣に見られる襞の美しさに、私は一木の彫り跡の巧みさを見取りました。室生寺は山林修行の場でもあったらしく、図録にはこんな文章がありました。「当時、政治との癒着がすすんだ奈良時代の仏教の在り方を反省し、その反動として戒律を保ち、山林修行を通して聖なる力を得た浄行僧が尊ばれた。こうした新しい風潮のなか、都から遠く離れた、独特な地形をもつ室生の地が修行の場として見出されたのだろう。」(引用は全て皿井舞著)こうした仏像は寺を巡って訪ね歩くのがいいと思いますが、博物館の計算された照明の中で鑑賞するのもまた格別で、宗教を離れた芸術作品としての価値が際立つと私は考えています。

関連する投稿

  • 週末 六本木・銀座・上野を渡り歩く 今日は東京の博物館、美術館、画廊を回ろうと決めていました。後輩の彫刻家が二科展出品、同僚の画家がグループ展参加、その他見たい展覧会があって、二科展とグループ展の日程が合うのが今日しかなかったのでした […]
  • 夏季休暇③ 姫路城&大阪の美術館へ 5日間の夏季休暇のうち、先月末に2日間の夏季休暇を取得し、残った3日間を今日から取得します。今日は朝早く東海道新幹線に乗って姫路にやってきました。私は20数年前に職場の旅行で姫路城を見に来たことがあ […]
  • 夏季休暇④ 大塚国際美術館へ 今日は新大阪駅前から出る日帰りバスツアーに参加しました。横浜の自宅からネットで申し込んでいたのでしたが、徳島県鳴門市にある陶板名画を集めた大塚国際美術館を堪能するツアーで、一度行って見たいと思ってい […]
  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 長梅雨だった7月を振り返る 今日は8月1日ですが、昨日まで旅行に出ていた関係で、7月の振り返りが出来ていません。今日振り返りを行い、8月の制作目標を明日立てることにしました。今年は長梅雨で夏を待ち焦がれていました。7月の終盤に […]

Comments are closed.