5月RECORDは「叢雲の風景」

今月のRECORDのテーマを決めました。RECORDは一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていく総称で、文字通りのRECORD(記録)になっています。今年は「~の風景」というタイトルをつけていますが、今までのRECORDも風景描写をしている作品が多いので、風景という文字がタイトルに加わっても画面に大きな変化はありません。主題が明瞭になっただけの話です。今月のテーマを「叢雲の風景」としたのは、2019年の1月に「かすむ」というタイトルで作っていたRECORDを思い出し、霧や霞の中で風景が見えにくい状況をさらに続けたいなぁと考えたからです。当時のテーマ設定の内容を振り返ると、不安定で先が見えない国際情勢にも触れていました。現在でもそこは変わらない状況ですが、今回は発想を古代日本にも向けていて、霞む風景を「叢雲」というコトバで表しています。これは熱田神宮に伝わる三種の神器である「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)に由来しています。日本神話において、スサノオが出雲国でヤマタノオロチ(八岐大蛇)を退治した時に、大蛇の体内から見つかった神剣が「天叢雲剣」で、ヤマタノオロチの頭上にはいつも雲がかかっていたので、こう称されているのだそうです。今回は日本神話を描こうとは思っていませんが、発想のひとつとして神話を借りることはあるかもしれません。日本神話を突き詰めていくとなかなか面白そうですが、学術的探究は今はやりません。今月も一日1点完成を自分に課して頑張っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 4年目の再任用管理職 新年度になりました。私は4年目の再任用管理職として、横浜市旭区の職場から瀬谷区の職場に転勤してきました。私は再任用満了まで残すところ2年です。この2年で何が出来るのか、自分でも甚だ心許ないのですが、 […]
  • 2019年 陶彫制作の再開 昨日は実家の小さな祠に鎮座する稲荷に行ったり、母がいる介護施設を訪ねたり、東京赤坂の豊川稲荷に初詣に出かけて護摩を焚いてもらったりして、工房に立ち寄ることがありませんでした。昨年のNOTE(ブログ) […]
  • 平成最後の1月を振り返って… 今年の5月に新しい元号になることから、平成最後という冠があらゆるところで用いられそうですが、平成最後の1月が今日で終わります。光陰矢の如しと言うけれど、本当に今月は時間が経つのが早く感じられました。 […]
  • 6月の目標は作品梱包 昨日、図録用の撮影が終わり、分解された陶彫部品があちらこちらに置かれた工房の室内は、さながら儚き夢の跡のような塩梅で、この夥しい数の陶彫部品を、7月の個展搬入のために、それぞれ梱包していくのが今月の […]
  • 11月RECORDは「枠」 11月のRECORDのテーマを「枠」にしました。RECORDは一日1点ずつ作っている小さな平面作品で、2007年から始めています。文字通り日々のRECORD(記録)で、イメージの出し易さを考えて5日 […]

Comments are closed.