4年目の再任用管理職

新年度になりました。私は4年目の再任用管理職として、横浜市旭区の職場から瀬谷区の職場に転勤してきました。私は再任用満了まで残すところ2年です。この2年で何が出来るのか、自分でも甚だ心許ないのですが、この職場に骨を埋めることになるので、精一杯頑張っていきたいと思います。今日は新しい職場の私の部屋に篭っていて、ほとんど何も出来ずに一日が過ぎていきました。昼ごろ、副管理職の車で地域を回ってきました。慣れない地域なので戸惑いもありましたが、何とかやっていこうと決めました。新しい元号の発表もありました。「令和」という文字を見たときに、次世代の新鮮さを感じました。時代が変われば、空気も変わります。令和の時代は平和で穏やかな時代になってほしいと願っています。令和は万葉集から採用した文字だそうで、日本独自の文学から採用したことは、日本人として嬉しく思っています。今週は新しい職場で大きなイベントがあり、私の役職は今週が一番大変なのです。慣れているとは言え、今までと異なる環境での仕事は骨が折れます。創作活動も4月に入り、個展に出品する大作以外の作品に着手しなければならなくなってきました。それをどうやって進めていこうか、新しい職場では考えることもできず、今月の制作目標は明日になってから考えます。RECORDも手はつけられず、気持ちが落ち着くまでに今少し時間がかかりそうです。追々新しい職場にも慣れていくと思いますが、二足の草鞋生活は双方とも微妙に影響しあっているようで、今月はやや厳しい精神状態に陥りそうな気がしています。無理をせずにやっていこうと思います。

関連する投稿

  • 出会いの4月です。 職場に14名の新しい正規職員が着任してきました。自分が職員を紹介し、新年度に向けた取り組みがスタートしました。4月5日には臨時的任用職員が4名やってきます。今日着任した職員は新採用も含めて、職場の情 […]
  • 2012年 年の初めに… 2012年がスタートしました。今日は実家で母の雑煮を食べて、年賀状を投函しつつ、東京赤坂まで初詣に行ってきました。昨年の今日も同じことをしていました。毎年同じことが出来る幸せを今年は痛切に感じます。 […]
  • 歯車のRECORD 20代の滞欧時代に作った自分の初期の版画に、車輪のような歯車のようなイメージを描きました。具象彫刻をやっていた自分が初めて抽象を意識した作品で、版下は捨てられずそのまま日本に持ち帰ってきました。まだ […]
  • 長かった1週間 今週より新年度が始まり、職場全体で行った式典的なイベントや、離任や退任、また着任に関わることがあって、私は役職としての挨拶が続く毎日でした。新しい体制が動き始めるこの時期は、とても長く感じました。職 […]
  • 自分を取り戻す時間 私は一日1点ずつ小さな平面作品を作っていて、RECORDと名づけています。言わば毎日の記録です。日記のように作品を作っていくコンセプトで始めたRECORDでしたが、気楽に作品を作れない私の性格のせい […]

Comments are closed.