長寿に憧れる思い

今朝、職場に届いていた新聞各紙が日本画家堀文子氏の訃報を告げる記事を掲載していました。堀文子氏は享年100歳。長い間創作活動に邁進出来て、私自身は羨ましいと感じています。新聞記事を読むと、堀氏は創画会結成に参加したり、絵本も手掛け、国際的な賞を取ったりしていたようです。70歳間近になってイタリアにアトリエを構えたり、メキシコ遺跡やヒマラヤ山麓などを旅していて、その旺盛な好奇心や止めども尽きない創作意欲に頭が下がります。日本画もそうですが、私がやっている彫刻も技術の習得に時間がかかる表現媒体です。そのせいか私は60代になってもつい最近彫刻を始めたばかりの気持ちになっていて、なかなか満足できる作品が作れず、自分の数十年に及ぶキャリアを否定したくなるのです。自分は長く彫刻をやっている気がしないのは、創作活動が自分を振り返る余裕を与えてくれないからかもしれません。過去に作ったモノは気に入らないモノばかり、これから始める彫刻で何度目かのスタートをするというのが本音です。常にリセットしてしまう私の癖を考えると、堀氏のように長く創作活動に携われる幸せに憧れるのです。創作活動の中でもとりわけ時間のかかる彫刻を始めたばかりに、人生は何て短いのだろうと感じる日々です。人生100年時代がやってきたと言われる昨今ですが、本当に100年という時間が与えられるならば、私はあと40年近く創作活動に関われることになります。新しく始めようと思っている版画や墨絵、鉄の造形、楽器の演奏、世界遺産を巡る旅など、私は陶彫制作に勤しみながら、次から次へチャレンジしてみたくなるのです。長寿に憧れる思い、加齢とともにその思いは益々募るばかりです。

関連する投稿

  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 三連休 制作&映画鑑賞 月曜日に成人の日があるため、今日から三連休が始まります。正月の休庁期間が明けて、2日間職場に出勤して、またこの三連休は、創作活動をする者にとっては嬉しい限りです。休庁期間にやり残した制作を続行するた […]
  • アトリエの再現 芸術家が作品を生み出す場所や周囲の環境に覗き見的な興味を私は持っています。学生の頃も大学の一角を使って、彫刻科の先生方が真摯に制作されている現場を垣間見て、自分の意欲を高めたりしていました。東村山市 […]
  • 週末 後輩の決意表明 工房には若い世代の子たちがやってきます。彼らは画家を目指して課題を一生懸命やっています。自分の作品の手伝いもしてくれます。新作屏風の砂マチエールはこの子たちにお願いしているところです。自分が20歳の […]
  • 暁斎「惺々狂斎画帖」連作について 先日に見に行ったサントリー美術館で開催中の「河鍋暁斎」展では、狩野派絵師として研鑽を積んだ暁斎の珠玉の名品も数多く出品されていましたが、私の関心はやはり戯画にあって、現代のアニメのような劇的な動きの […]

Comments are closed.