週末 連続制作を振り返って…

私の計画した冬季休業が最終日を迎えました。冬季休業は年末年始の休庁期間と休日出勤の代休、年次休暇を組み合わせて16日間確保しました。今回は職場を休めるだけ休ませていただき、そのほとんどを陶彫制作に充てました。元旦だけは工房に行かなかったのですが、焼成で窯は稼動していたため、16日間連続した制作が出来たと思っています。非日常生活に遊んだ16日間でしたが、陶彫制作の場合は陶土の硬化具合を調整しながら、それでもなかなか有効な連続制作だったと振り返っています。通常は二足の草鞋生活のため、陶土が乾燥しないように処置してウィークディを過ごすのですが、日々制作出来るとなれば陶土の扱いも違ってきます。当初、新作の2つの塔を形成する33個の陶彫部品のうち8個の成形や彫り込み加飾の完成を目標にしていましたが、8個は昨年末までに出来上がり、今年に入って2つの塔を繋ぐ根の陶彫部品3個の成形や彫り込み加飾が完成しました。弾みのついた連続制作の成果だと考えますが、結局11個の陶彫部品が出来上がっています。16日間は丸々制作に充てられたわけではなく、晦日の掃除や元旦の初詣、新年の従兄弟会や地域の賀詞交換会等で時間は取られました。しかしながら陶土に向っていた時間は長く、寒さで悴んでいた手をストーブで暖めながら、作業に集中していました。気候がよいと集中力が増して、フロー状態に入ることもありますが、この寒さのため見境がつかなくなってしまうことはなく、夕方には身体が耐えられなくなっていました。自宅に帰ってから風呂に浸かり、身体が温まってくると疲労が襲ってきました。その影響はRECORDや読書に出てしまいました。睡魔に勝てず、NOTE(ブログ)を書いて一日終了という日も結構ありました。ともかく陶彫制作に関しては、連続制作は大変な成果を上げることが出来ました。明日からウィークディの仕事が始まります。通常の二足の草鞋生活に戻って、引き続き創作活動は頑張っていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 春の宵 いざ工房へ 工房のロフト拡張工事を請け負っている鉄工業者から連絡が入り、夜6時過ぎに天井の寸法を再度測りに来るというので、私は勤務時間終了後に工房に行きました。桜が咲いて春爛漫な季節ですが、夜はまだ冷えるため、 […]
  • 今年最初の夜の制作 三連休でやり残した作業を、今晩仕事から帰宅した後、工房でやりました。1時間程度なら寒くても作業が出来ると判断して、暗い夜道を工房に向かいました。工房に着いて作業を始めると、工房に棲みついている魔物に […]
  • 週末 土に親しむ習慣 朝から工房に籠って陶彫制作に明け暮れていました。昨日と今日とで1点ずつ成形を行い、合計2点の彫り込み加飾は後日に回すことにしました。午後職場にちょっとした用事があったため、彫り込み加飾は無理かなぁと […]
  • 週末 益子から陶土が届いた日 陶彫を作るためには陶土の調達やら焼き窯等の設備が必要です。道具も多岐にわたっていて、その中には自分で作ったヘラも含まれています。それらは自分の創作イメージを具現化する中で、少しずつ整えてきたものです […]
  • 三連休 作業中の私の癖 三連休の中日です。今日も朝から工房に行って、新作の陶彫部品の制作に励んでいました。昨日準備したタタラを使って根の陶彫部品の成形をやっていました。三連休の制作目標である根の陶彫部品2個のうち、初めの1 […]

Comments are closed.