週末 若いスタッフの結婚式

相原工房に出入りしている若いアーティストを、私はスタッフと称しています。折に触れ、私の作品の手伝いをしてくれますが、助手ではないのでアシスタントとは呼べません。彼らは通常、相原工房で自らの作品を制作しているのです。美術系の学校を出ても制作場所が確保されず、創作活動を諦めてしまう人が多い現状があります。私も若い頃これに悩んだ一人でした。相原工房は貸し工房ではありません。私と関わりがある若いアーティストに無償で提供しているのです。彼らはまだ20代で、アートの世界のスタートラインに立ったばかりです。週末になると、溌溂として表現活動をやっていますが、プライベートではさまざまなことがあるようで、今回の結婚式もそのひとつです。創作活動を継続していく難しさはいろいろなところに潜んでいて、制作場所だけではなく、生活環境が変わることで、創作活動以外の人生の価値観を見出す人も少なくありません。創作活動には社会的なニーズがないので、来る者拒まず去る者追わず、というところでしょうか。私が参加する披露宴は午後1時からだったので、午前中は工房に行きました。梱包に必要な材料がかなり不足していて、まずはガムテープやエアキャップ等を大量に購入してこなければ、梱包を始められないことが判明しました。昼前に新横浜駅に隣接するホテルに出かけ、若いスタッフの結婚披露宴に出て来ました。彼女は終始微笑んでいて幸せそうでした。私は乾杯の発声で簡単な挨拶をしましたが、若いスタッフに心より祝福を申し上げたいと思います。私は結婚式を行うのに賛成派で、式は本人たちのためだけではなく、周囲に認めてもらうものと考えているからです。今日の式はなかなか立派なものでしたが、私は豪華さを求める必要を感じません。身の丈にあった心の篭った挙式であれば、自ずと祝福したい気持ちが湧いてくるものです。これからの二人の末永い幸せを祈っております。夕方、自宅に帰ってから梱包材を購入しに雑貨店に出かけました。披露宴の後は、何かをする気分になれないだろうと思っていましたが、まさにその通りで、買い物くらいがちょうどよいと感じました。

関連する投稿

  • 週末 制作&地域の賀詞交換会 公務員管理職になってから職場のある地域の賀詞交換会に出席するようになりました。ただし、私の職場と自宅が横浜市内の同じ区にあるので、私は職場の顔と同時に地域住民として参加しています。私の住む区は横浜市 […]
  • SW 墓参り&制作の日 午前中は家内と菩提寺に墓参りに出かけました。私は墓参りに対する意識が薄く、家内に言われるまで予定にありませんでした。祖父母や父が眠っているのに罰当たりな子孫です。墓参りは何のためにするのか、特定宗教 […]
  • やっと週末に… 正月の飛び石連休が明け、ようやく公務員としての仕事が始まりました。二足の草鞋生活がいつまで続くのか分かりませんが、自分にとってこの生活は定番になっています。1週間の仕事から解放されて、やっと週末にな […]
  • 恒例になった起床の辛さ 真冬になると朝早く起きるのが辛くなります。例年のことですが、起床する6時はまだ夜明け前で、カーテンを開けると外の景色はまだ暗いのです。仕事上の立場が変わっても、早朝に出勤することに変わりありません。 […]
  • 休日出勤日に思うこと 今日は休日出勤日です。月曜日と差し替えて仕事を行いました。私の職場では年間1回土曜日を出勤日にしています。他の職場ではさらに多く休日出勤をしているところもあります。仕事の性格上、年間1回は休日に出勤 […]

Comments are closed.