魔物が棲む夜の工房

幾度かNOTE(ブログ)に書いていますが、ウィークディの夜に工房に行くことが結構あります。仕事から帰ってから、疲れた身体に鞭打って工房に行きますが、夕食や風呂に入る前に出かけます。夕食等取ってしまうと、気分的に彫刻制作をするのは厳しいなぁと思っています。根拠はありませんが、満腹感は創作活動と反比例するのではないかと思うところです。であるならば、工房は仕事から帰って即出かけるのがベストです。工房は不思議な空間で、私は魔物が棲んでいるのではないかと常々感じています。その魔物は創作活動では歓迎すべき守護神です。工房に行って制作途中の作品を見ると、忽ち疲労感から解放され、意欲が湧きたち、何かに憑かれたように手が動きます。これは工房のどこかに不思議なパワーが隠されていて、自分を作業に集中させるのだと信じています。自宅なら気持ちが緩み、身体中が怠くなり、全てのヤル気が失せてしまうのに、どうして工房はそうならないのか、自分を甘やかすものが何もないためか、こればかりは不思議でなりません。自宅は身体を休めるところ、工房は創作活動をするところだと脳にインプットされているのかもしれません。自宅の食卓で作っているRECORDが苦しいのはそのためかもしれず、でも埃っぽくザックリした空間の工房でRECORDをやるのは、何となく落ち着かないのです。工房は彫刻というアクティヴな表現に向いている空間で、スポーティな魔物が憑く場所なのです。

関連する投稿

  • 多忙が懸念される3月に… 多忙が懸念される3月になりました。何といっても年度末です。ウィークディの仕事は今年度のまとめとして、全職員と面接をして、来年度人事の素案を考えなければならず、気忙しさはピークに達します。仕事に対する […]
  • イメージ力を保つために… 昨日、筋肉を保つために…というNOTE(ブログ)を書いていて、ふと思ったことは身体の筋肉だけではなく、頭脳でも持続力を保たなければならないのではないか、それを保つために何が必要なのか考えました。頭脳 […]
  • 16日間の過ごし方 明日から最長1月6日まで冬季休業を取得できるように、私の職場では「働き方改革」を進めています。職員によっては出勤を余儀なくされる部署もありますが、年末年始を迎えるこの時期は、それぞれの家庭事情を考え […]
  • 微妙な気分で迎える3月 再任用管理職として年度末を迎えています。若い頃の計画では、定年退職したら晴れて彫刻家を名乗り、創作活動に邁進すると考えていました。当時は作業場もままならず、個展さえ憧れの対象であった頃の話です。その […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]

Comments are closed.