週末 益子から陶土搬入

例年、この時期になるとストックしていた陶土が底をつきます。栃木県益子町にある明智鉱業にファックスを送り、20kgの陶土30体を注文しました。土錬機の交換、窯のメンテナンス、そして陶土の注文と、このところ費用が嵩むことばかりが続いていますが、生活の嗜好品を削ってもこれは必要なモノばかりなので仕方がないかなぁと思っています。酒も煙草も嗜まず、夏季休暇以外は旅行にも出ない私は、唯一、陶彫制作だけが贅沢な行為です。再任用管理職として働いているうちに創作活動で費用がかかるものは全てやっておこうとしているので、一応計算通りと思っております。明智鉱業は茨城県に住む陶芸家の友人から教えてもらった陶芸専門の販売店です。20年以上も前から明智鉱業で陶土や道具を購入してきましたが、最初の頃は益子に出かけていき、その場で陶土を選んでいました。購入する陶土が決まっている最近は、電話とファックスによる注文で済ませています。搬入の日と時間を決めて届けてもらっています。今日の昼頃に益子から横浜の工房に600kgの陶土が届きました。これで1年間は何とかなります。土練りは明日やることにして、今日は乾燥した陶彫部品の仕上げと化粧掛けを行いました。夕方になって、家内と横浜のミニシアターに映画「猫が教えてくれたこと」を観に出かけました。横浜では今日から上映になるので、ミニシアターは猫好きの観客で溢れていました。この映画は家内の希望で観に行くことにしたのでした。飼い猫トラ吉が我が家に居ついてから、家内は熱烈な猫ファンになり、自宅にも猫グッズが増えてきました。まさに今は空前の猫ブームです。猫と暮らしているとブームになるのも頷けます。映画の詳しい感想に関しては後日改めますが、舞台になったトルコのイスタンブールは、自分が若い頃、滞欧生活を引き揚げてくる時に滞在した懐かしい街でした。その時のエピソードとともに記憶が甦ってきて、そこにいた猫たちがこんなふうに描かれていることに愛着を感じてしまいました。

関連する投稿

  • 週末 イメージの昇華 新作のための陶彫部品を作り始めました。昨日と違ってほんの少しばかり気温が低いのが救いでした。美大生ら3名の子たちもそれぞれの制作に勤しみ、相変わらず工房に真剣な空気が流れていました。自分の作っている […]
  • 映画「猫が教えてくれたこと」雑感 先日、家内と横浜のミニシアターにトルコ映画「猫が教えてくれたこと」を観に行ってきました。舞台となったイスタンブールは、海岸に面した東西交易が織りなす情緒豊かな都会です。私は20代の頃に滞欧生活を引き […]
  • 映画「消えた声が、その名を呼ぶ」について 橫浜のミニシアターにはレイトショーがあって、勤務時間終了後に間に合う時間設定がされています。ウィークディでも仕事が終わってから、映画を観て非日常空間に浸ることが出来るのです。先日夜にシネマジャック& […]
  • 週末 益子から陶土が届いた日 陶彫を作るためには陶土の調達やら焼き窯等の設備が必要です。道具も多岐にわたっていて、その中には自分で作ったヘラも含まれています。それらは自分の創作イメージを具現化する中で、少しずつ整えてきたものです […]
  • 週末 制作&フェルメールに通じる映画鑑賞 昨日が休日出勤だったため、仕事から帰ってきた夜に、工房に出かけて陶彫成形のためのタタラを準備していました。今日は朝から工房に籠って、23個目になる陶彫制作をやっていました。朝から夢中になって制作をし […]

Comments are closed.