ナイーヴ・アートの村を訪ねた頃

以前のNOTE(ブログ)にも書いた記憶がありますが、旧ユーゴスラビアの村にナイーヴ・アートの制作現場を訪ねたことがあります。昨日アップしたNOTE(ブログ)で思い出しました。村の各家庭で農閑期に絵画制作に勤しむ村人たちの様子が印象的でした。ここも紀行作家みやこうせいさんと行きました。旧ユーゴスラビアは現在スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、モンテネグロ、マケドニアに分かれていますが、私たちが訪ねたのは現在のクロアチアの首都ザグレブ近郊の村ではなかったかと思っています。当時は現在のようなナイーヴ・アート関連の美術館はあったのでしょうか。村からの帰り道に夕暮れたザグレブに立ち寄っただけなので、そこは定かではありませんが、ナイーヴ・アートの村では大変面白い経験をさせていただきました。何軒か訪ねた農家で見せていただいたのは、ガラスの裏側から風物を描いている制作現場でした。小さなガラス絵だけでなく、大きなカンバスに描かれた作品もあって、作者によっては納屋を改築してギャラリーにしている家もありました。多くの欧米人を相手に商売が成り立っているようで、裕福な農家も多かったように記憶しています。本来は農業の片手間として始めたものだったのに、売れたおかげで専業画家になる人もいたのではないかとも察しました。その時点で制作姿勢はナイーヴではなくなっているのですが、表現形式はそのままなのでナイーヴっぽいアートと言った方が相応しいのかなぁと思いました。ナイーヴ・アートの村を訪ねた頃は、もう30年近く前になるので、現在はどうなっているのか見当もつきませんが、ネットで調べると専門に扱う美術館があるので、文化の中に根を下ろした表現領域になっているのでしょう。

関連する投稿

  • 週末 母の用事&美術館散策 やっと待ちに待った週末になりました。今日は予定がいっぱい詰まっていました。明日の陶彫成形に備えて、早朝から工房に出かけ、タタラを4枚用意してきました。タタラは厚さ1cm、大きさは座布団大になるように […]
  • 連休最後の美術館巡り ゴールデンウィーク最後となる今日は、美術館を巡ることにしました。知り合いにチケットをいただいていること、もちろんそれだけではなく、多忙な公務や週末の創作活動に終始する日常にあって、何とかスケジュール […]
  • 週末 制作&映画と個展巡り 週末が久しぶりにやってきた感じがしました。それだけウィークディの仕事に負担を感じていたのか、とりわけ今週は疲れていました。副管理職たちの集まりで助言者を引き受けたり、近々やってくる研究会のために慣れ […]
  • GW⑤ 柱陶制作&美術館散策 ゴールデンウィーク5日目を迎えました。「発掘~根景~」の柱陶制作が残り8枚となり、今日はこれを完成すべく早朝から工房に出かけました。夕方、家内と東京の美術館へ行く約束になっていたので、その分制作時間 […]
  • 三連休② 制作&風景彫刻鑑賞 三連休の2日目です。朝から工房で制作三昧でした。今日は久しぶりに中国籍の若いスタッフが来ていました。彼女は栃木県のグループ展に参加するというので、新作を作っていました。私は相変わらず陶彫制作に勤しん […]

Comments are closed.