内観と公開について

幼い頃から内気なところがあった自分は、人に知られない秘めた内面の世界を持っていて、つい独り言を口走ったり、じっと黙ったまま過ごしたりしていました。内観は自分自身を探る上で重要なアイテムになり、今でも自己分析は習慣になっています。それは自分の理想化や夢想化もあって、ほとんど荒唐無稽な遊戯を繰り広げています。実際に夢を見た時は、夢は欲望の充足であると言うフロイトの言葉通り、本当の自分はこんな人生を送りたかったのではないかと思うこともあります。自分が評価する自己生育歴は、かなり歪曲したものであって、豊かな情操を正常に感受したことはないのではないかと思う所以です。学生時代は密かにコトバを綴っていて、恥ずかしくなると破って捨てていました。とっくに亡くなっている母方の祖母に当時のノートを見られ、自分を蝙蝠に喩えているコトバを発見されて赤面した記憶があります。いつからか内観は頭の中にだけに留めるようになりました。秘密のノートは私から消えてなくなりました。現在、私が持っている唯一の手帳は仕事上のメモがぎっしり書き込まれています。人から見られても恥ずかしさはありません。こんな書類を作成して、どこに提出したか、誰と面接をしたか、出張先や夜の会合も書いています。週末の工房での制作メモも同じ手帳に書いています。自分が過ごした記録です。手帳は10年間分くらい保管してあって、昨年この時期はどんなことをやっていたのか確認することに使っています。このNOTE(ブログ)も同じで、職種は書けないにしても、職場での出来事や美術や映画鑑賞、さらに創作メモを記録しています。これは嘗てやっていた秘密のノートではありません。公開するためのアイテムなので、人が見ることを念頭においた演出を考えて毎晩アップをしているのです。NOTE(ブログ)の記載事項に迷いがないわけではありません。もっと分かり易く書けとお叱りを受けたこともあります。秘密のノートが私に必要なくなったことが今もって不思議です。成長なのか感受性が緩んだのか、そこは定かではありませんが、NOTE(ブログ)は継続していくつもりです。

関連する投稿

  • 20’創作活動の再始動 「創作活動の再始動」なんて大袈裟なタイトルをつけましたが、大晦日まで連日陶彫制作に明け暮れていて、元旦だけ陶彫制作を休んで今日からまた始めたので、再始動と言っても休んでいる感じはしません。仕事の閉庁 […]
  • 2019個展の批評より (株)ビジョン企画出版社から発行されている「美じょん新報」は月々の展覧会情報が掲載されていますが、「評壇」欄では美術評論家瀧悌三氏による、端的で歯に衣着せぬ展覧会批評があって、私は常々参考にしていま […]
  • HPに18’RECORD4月~6月をアップ RECORDは一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っている総称を言い、文字通り自分にとっては日々創作しているRECORD(記録)なのです。2007年から毎日欠かさず制作していて、現在12年目を迎 […]
  • 彫刻家飯田善國によるピカソ評 7月27日付の朝日新聞「折々のことば」欄に、彫刻家飯田善國によるピカソ評が掲載されていて、目に留まりました。「十歳で どんな大人より上手に 描けた 子供の ように描けるまで一生 […]
  • 三連休 地道な頑張り 今日は朝7時から工房に行きました。朝の涼しいうちに少しでも陶彫制作を進めたいと思ったからですが、40キロの土練りを行い、明日の成形準備になるタタラを数枚用意しました。陶土を掌で叩いて座布団大のタタラ […]

Comments are closed.