6月を振り返って…

今日で6月が終わります。来月はいよいよ11回目の個展があります。そのため今月の制作工程は厳しさを増しました。ウィークディの夜にも工房に通ったので、工房稼働時間は今までにない最多時間だったのではないかと思います。ウィークディの夜に工房に行って作業するのが習慣化してしまいました。来月も搬入日までは工房に通います。「発掘~環景~」は、制作の仕事量の多さで現在でも大変な思いをしています。今月の11日(土)には、その「発掘~環景~」の図録用の写真撮影もしました。関西出張で3日間工房に行けませんでしたが、それを補うため多少の無理をしました。絵画コンクールの審査員の仕事がイレギュラーで入ってきたこともありました。「発掘~環景~」の綱渡り状態が今も続いていますが、楽天的に考えるようにしています。日々1点ずつ制作しているRECORDは、陶彫制作が苦しい中で、曲がりなりにも何とか追いついてやっていました。ただし、先月のような調子の良さはありませんでした。鑑賞は京都で見た「ポール・スミス展」(京都国立近代美術館)と「杉本博司展」(細見美術館)、地元の橫浜で見た「国吉康雄展」(そごう美術館)がありました。関西での寺院鑑賞を含めると充実していたように思えます。読書は相変わらずフロイトに関わっていますが、宗教論が刺激的で面白くて仕方ありません。知的財産における人類史の中で不動の地位にある精神分析学者フロイト。この巨匠にして真意を問いかけたくなる謎めいた生涯最後の論文。う~ん、世の中は面白いことで溢れているなぁと熟々思います。もうひとつあるとすれば、工房に通ってくる可憐で逞しいスタッフたちに背中を押されて頑張れた1ヶ月だったことを付け加えておきます。

関連する投稿

  • 週末 6月を振り返って… 6月最後の週末になりました。今日は朝から工房に篭って、個展搬入準備として作品の梱包作業に追われました。梱包用木箱を作る板材が不足し、午後は板材を追加購入してきました。梱包はあと僅かで終了です。今日は […]
  • 年度末の3月を迎える 平成27年度末の最後の1ヶ月が今日から始まります。今日は春うららかな陽気となり、このまま暖かくなってくれれば幸いですが、三寒四温の季節ではそういかないかもしれません。今月職場では出会いと別れがありま […]
  • 6月をどう過ごすのか… 6月になりました。目先の目標は図録用の撮影が成功するように祈るだけです。撮影日は6月4日(日)です。天気予報では曇ったり晴れたりで、何とか野外での撮影も出来そうです。明日、横浜は開港記念日、明後日は […]
  • 6月 創作の充実を願う 6月になりました。今年の7月の個展の準備で言えば、まだ「発掘~群塔~」の撮影が終わっていないことが上げられます。今月の7日(日曜日)が撮影日になります。7日に向けて細かな修整作業をしています。今回の […]
  • 6月は完成・梱包を目指す 6月になりました。今月11日(土)が2回目の図録用撮影日、7月17日(日)が個展搬入日、翌日18日の海の日から個展オープニングという先々の予定を考えると、いよいよ制作が切羽詰まってきたなぁという感じ […]

Comments are closed.