週末 疲労困憊の日 その2

週末になりました。ウィークディは来年度人事を巡って職員一人ひとりと面接を行い、交渉やら微調整があって精神的な負担を感じる日々を送りました。これが自分の役目なのだと割り切って、職員には私の立場で意見する場面が多く、職員一人ひとりから聞く苦しい事情はよくわかっていました。職場は来年度に極小規模になることがわかっていて、職員一人の抱える仕事量は他の施設に比べて圧倒的に多いのです。苦しい台所事情をわかってくれる職員もいて、何とか人事が固まってきました。まだ来週も非常勤職員との面接が残っていて最終調整が続きます。そんなこともあって、週末になると疲労が出て、なかなか創作活動に気が向かないのです。先週もそうでした。NOTE(ブログ)のタイトルを「疲労困憊 その2」としたのは先週と同じ気分になっていたためで、それでも制作工程を何とか進めていました。来週末は4月になります。新年度となって新しい人事が動き出しているはずです。来週末には元気が甦ってくれることを期待したいと思っています。新作の制作状況は、どう考えてもやはり遅れていると言わざるを得ません。毎年のことですが、遅れている制作工程を補うため、何とか最後に頑張って帳尻を合わせてきましたが、今回も苦しい綱渡りが続いている現状があり、結局今年も改善はされていません。毎年慣れているようで厳しいことに変わりはなく焦りを感じます。こんな時に次なるイメージがやってきていて、制作にどっぷり浸かっていたくなります。ともかく今日のノルマを果たし、明日へ繋げていきます。

関連する投稿

  • 三連休 新作最初の窯入れ 三連休最終日になりました。今日は残暑が戻ってきて、工房内は蒸し暑くなりました。昨日作っておいたタタラを使って、2つ目の塔を形成する陶彫部品の2個目に取り掛かりました。陶彫部品のトータルは8個目になり […]
  • 7月の制作目標 1年は1月元旦から始まり、12月31日の大晦日で締めくくります。職場では年度切り替えのため、4月1日から始まり、翌年の3月31日で締めくくります。私の創作活動における暦は、今月が1年間の締めくくりに […]
  • 夏の休庁期間の最終日 今年は職場で長い休庁期間を設定しました。私たち職員は週末以外は勤務を要する日でしたが、夏季休暇や年休が取得し易い環境を作ったのでした。管理職といえども私も長い休みを取らせていただきました。期間中は県 […]
  • 真冬の夜は睡魔と闘う 仕事から帰ってくると、私にはもうひとつの仕事が待っています。二束の草鞋生活の辛いところですが、夜は時に工房に出かけ、陶彫制作をやってみたり、自宅の食卓では毎晩RECORDをやっています。リビングに置 […]
  • 単体が集合する世界 朧気な全体像をイメージしながら、単体となる作品をひとつずつ作っていき、それらを集合させて、ひとつの作品にまとめる世界が私の得意とするものです。自分の資質もあるのでしょうが、昼間は公務員として働きなが […]

Comments are closed.