2015年 初窯入れ

「発掘~群塔~」の窯入れを行いました。2015年の初窯入れになります。成形した陶彫に彫り込み加飾を終えて、乾燥すること1ヶ月余りが経った部品が、現在20数点あります。そのうち4点を選んで表面処理を施しました。表面処理というのは、まず指跡を消すためにヤスリを掛け、その上から化粧掛けをして窯に入れるのです。今回は陶彫部品が大きいため4点しか窯に入りませんでした。今週は初窯なので、これ1回のみで窯の調子を見ようと思っています。例年は1週間に2回窯入れをします。1回の窯入れで3日、2回目3日かかるので、ちょうど1週間になります。これは二束の草鞋生活をやっている自分には好都合なのです。月曜日から金曜日は焼成期間と決めていて、毎週末に制作を行い、日曜日の夜に窯入れを行うと次の土曜日の朝までに2回分の焼成が終わっているのです。陶彫部品は大きさがまちまちで、窯にどのくらい入れられるのか、そのつど考えながら窯に入れています。この時期から暫くの間は燃料費が跳ね上がりますが、これは仕方ありません。陶彫の面白さは何と言ってもこの焼成にあります。炎の神のみぞ知る土の変貌が、緊張を伴って迫ってくるのです。自分の手塩にかけた分身を最終的に神に委ねる行為。こればかりは陶に憑かれた作家でないとわからないのではないかと思います。

関連する投稿

  • 週末 内環成形の難しさ 今日も工房で制作三昧の一日を過ごしました。昨日に続き若いスタッフも来ていました。天候が不安定で雨が降ったりしましたが、気温は暖かく工房室内は快適でした。新作である擂り鉢型の大きな作品に相変わらず挑ん […]
  • 「発掘された日本列島2014」展 東京両国にある江戸東京博物館に到着した時は、正午を回っていて、朝早くから展覧会を見て歩いていた私は些か疲れもありましたが、表記の展覧会に何とか辿り着きました。江戸東京博物館は国技館の隣にある敷地面積 […]
  • 週末 新作の内環部分の着手 今日も昨日に続いて工房に篭り、制作三昧の一日を過ごしました。まだ題名が決まらない新作の進捗状況ですが、作品全体はちょうど古代ギリシャで見られる円形劇場のような擂り鉢状の造形になる予定です。一番外側に […]
  • 週末 「地殻」の木箱作り 作品の梱包用に手間暇かけて木箱を作っています。かつて段ボールに収納してあった陶彫部品ですが、段ボールが変形をしたため、中にある作品が破損する危険性が考えられたので、全て合板による木箱に変えることにし […]
  • 週末 陶彫仕上げ一辺倒 「発掘~層塔~」の陶彫部品の成形が全て終わりました。総計92個になりました。当初100個を超える計画を打ち出しましたが、制作時間を考えて床に密着する部分を縮小しました。それでも今までの作品の中で、部 […]

Comments are closed.