猫戯れる春の宵

暖かくなりました。花が咲き始めたことで春を実感しています。このところ出勤はスプリングコートにして、スーツも薄手のものにしました。早朝、バス停留所で待つことが寒くもなく暑くもなく、とても楽になりました。自宅では猫のトラ吉が自分の帰りを待っていて、玄関に家内よりも早く現れます。自分はどういうわけか猫に好かれるので、自分が仕事から帰ると、トラ吉はずっと自分の傍で戯れています。足元に擦り寄ってきたり、自分の膝に乗ってきたりして、しつこいくらいです。この季節はとりわけ活発になって、家の中を疾走しています。元気があり余っているようです。自分は年度末の山積する仕事でフラフラですが、駆けずり回るトラ吉を見て、多少なり元気をもらい、また癒されています。トラ吉は唐突に床に寝転び、私に腹を見せますが、私は遊んでやる気力が残っていません。トラ吉を見ていると快適な季節になったんだと思いますが、なかなか休みモードになれない自分がいます。どこかで自分を解放したいと思っているこの頃です。

関連する投稿

  • 西暦2020年について思うこと 職場の広報誌に文章を依頼されました。毎月寄稿をさせていただいているもので、新しい年の初めに西暦2020年について思うことを気儘に書かせていただきました。西暦は文字通り、西洋の暦を基盤にしているもので […]
  • 三連休 制作&自宅リフォーム打合せ 年末年始の閉庁日(休庁期間)が終わり、成人の日を含む三連休がやってきました。当然私は陶彫制作に明け暮れる三連休を過ごしますが、三連休中にいろいろな予定も組まれています。まず、今日の陶彫制作ですが、屏 […]
  • 週末 次の10年間で何をするのか 今日は朝から工房に篭って陶彫制作に明け暮れましたが、昨日の美大卒業制作展を隅々まで見てきた疲れが取れずに、動きが緩慢になっていました。おまけに家内を駅まで送る際に、車のパンクが発覚し、ガソリンスタン […]
  • 20’創作活動の再始動 「創作活動の再始動」なんて大袈裟なタイトルをつけましたが、大晦日まで連日陶彫制作に明け暮れていて、元旦だけ陶彫制作を休んで今日からまた始めたので、再始動と言っても休んでいる感じはしません。仕事の閉庁 […]
  • 従兄弟会&陶彫制作 昔から正月は親戚縁者が集って宴会をやっている慣習がありましたが、私たち夫婦の叔父叔母は高齢化してどこかの家に集まることがなくなりました。そこで何年も前から従兄弟たちが集まることになったのでした。従兄 […]

Comments are closed.