2月RECORD「匂い立つ土俗の構え」

今月のRECORDのテーマを「匂い立つ土俗の構え」にしました。自分は土俗性、土着性の強い造形が大好きです。アフリカを初めとする世界各地の仮面の収集もやっていて、自分の制作動機をそこに求めることがあります。アフリカの造形は20世紀初頭に活躍した画家モディリアーニやピカソが影響を受け、始原的なパワーに溢れた民族芸術を制作動機に取り入れたことは余りにも有名です。歴史的事実と言うことではなく、自分もアフリカを初めとする民族芸術に影響を受けました。素朴な木彫と斬新なデザインや独特な色彩に目を見張り、とくに仮面は所有したい願望が芽生えました。そのうち工房に仮面展示場所を作ろうと思っています。眺めているだけで、仮面は創作意欲を刺激してくれます。そんな土俗的な芸術をRECORDにしようと考えました。また今月も地道に頑張っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 週末 アフリカの仮面 やっと週末になり、朝から工房に出かけて新作のためにタタラを用意していました。明日は成形の予定です。午後は家内と横浜駅に出かけました。来週父の七回忌があるので横浜のデパートに寸志を選びに行ったのです。 […]
  • 週末 制作と散策 今日は新作屏風の木彫部分の制作に朝から取りかかっていました。全体を見ながらの作業はなかなか骨の折れる仕事です。最初のイメージを思い出しながら表現したい意図をどうしたら伝えられるかを考えていました。次 […]
  • 河井寛次郎の木彫面 365点の連作が5月に入って、今テーマとしているのは仮面のようなモノです。京都の五条坂に記念館のある陶芸家河井寛次郎は、民芸の世界で名のある人ですが、陶芸と併行して木彫を作った人でもあります。それも […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 工房内の飾りつけについて このところ仕事帰りに工房に立ち寄り、加飾の作業を1時間から2時間程度やっています。先日の嵐の夜に考えた収納部分の改造とともにやりたいのが、工房内の飾りつけです。工房には内壁がなく作品等を掛ける場所が […]

Comments are closed.