自由な天使像を気儘に表現する

以前のNOTE(ブログ)に、RECORDで今月のテーマにした天使について調査し考察したい旨を書きました。結局時間がなくて、天使を自分なりに解釈してRECORDに自由気儘に描いているのです。過去に西欧の芸術家が扱った天使の図像を模写したり、まったく囚われずに抽象化してみたりして、天使がモチーフになっていても、結果として出来上がったRECORDは、まるで宗教を感じさせないものになっています。近現代の抽象芸術家が扱う天使にも自由な表現があって、天使像の表現の幅の広さに驚かされます。以前のNOTE(ブログ)に天使と悪魔との関係について書きました。これは面白いと感じました。一人の人間の心に善悪が同居して、心理としてその双方が現れるのは、日常生活の中でいくらでもあります。まさにファウスト的魂で、勧善懲悪として片づけられない微妙な状況の中で、人間関係の拗れで、天使と悪魔が交互に囁き、心に傷を負わない人はほとんどいないと言っていいと思います。身近な例をとれば画題は見つけやすくなります。広範囲な捉えで天使を描いてみようと思います。

関連する投稿

  • 2月RECORDは「梱包の風景」 今年のRECORDは「風景シリーズ」を始めています。今までのRECORDにも風景が再三登場してきましたが、改めて風景を取り上げることで、新しい可能性に挑みたいと思っているのです。今月は「梱包の風景」 […]
  • 4月RECORDは「つくる」 先月のRECORDは「こわす」というテーマでやっていました。破壊から創造という20世紀の巨匠ピカソの創造行為が有名ですが、芸術家に相応しいコトバでもあります。それに倣うなら「こわす」の後にくるのは「 […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]
  • 充実していた11月 11月の最終日になりました。今月を振り返ると、勤務を要しない日が10日間あり、創作活動に邁進していました。背の低いテーブル彫刻の天板の設置、テーブル上部に置く陶彫部品の仕上げと焼成、背の高いテーブル […]
  • 3月RECORDは「こわす」 芸術家として破壊と創造を繰り返したのは、有名な人物として20世紀の巨匠パブロ・ピカソが上げられます。ピカソの創作の現場を追ったドキュメンタリー映画を観たことがあり、そこで画面に展開する破壊のエネルギ […]

Comments are closed.