群塔と波紋によるイメージ

週末になって久しぶりに工房に戻って来た感覚を持つのは、ウィークディの仕事が多いせいかもしれません。今週は次から次へと仕事に追われ、また課題を抱えながら勤務してきました。やっと週末に制作が出来ることを喜びたいと思います。「発掘~層塔~」の陶彫部品の多さに焦りを感じつつ、週末ごとの制作工程を一歩ずつ進めていこうと思っています。そんな矢先に次なるイメージが湧いてきました。イメージとして漠然と見えているのは、現在制作中の塔が数多く群がっている情景です。「発掘~層塔~」より細長い塔が、まるで集落を形成するかのように群がって、そこかしこに点在しています。それは床ばかりではありません。壁からも塔らしきモノが生え出ているのです。塔が立ち現われている生え際に波紋が広がっています。水面に突如現われた尖った蟻塚のような奇妙な都市とでも形容できるでしょうか。何とも説明がつかないイメージですが、自分の記憶から現れたモノであるのは間違いありません。しかも現在制作中の作品に囚われている最中に頭を掠めていったイメージで、メモを取らなくても忘れることのできないモノになっています。次作にするとなれば、曖昧なイメージに輪郭を与え、その情景を育てつつ具現化に動かなければなりません。今日は現在制作中の「発掘~層塔~」に埋没しながら、群塔と波紋のイメージに取り憑かれて暫しボンヤリする時もあった不思議な一日でした。

関連する投稿

  • 新しいイメージに捉われて… 職場の閉庁日も終盤を迎えました。今日も朝から工房に出かけ、陶彫制作に明け暮れました。成形された陶彫部品に彫り込み加飾を行い、足りなくなった混合陶土のために土錬機を回し、小分けにして菊練りをしました。 […]
  • 週末 窯入れ準備&「曲景」テーブル塗装継続 いつもなら日曜日は元気回復して制作に突き進むのですが、今日は疲労が残っていました。水曜日、金曜日、土曜日と歓送迎会が続き、出来るなら今日一日休みたいと思っていました。来月早々にある図録撮影を考えると […]
  • 週末 陶彫続行の濃密な時間 漸く週末になりました。新作の陶彫部品の制作に明け暮れる貴重な週末です。今日は秋晴れの気持ちの良い一日で、工房には若いスタッフが2人来ていて、それぞれの課題に向き合っていました。私は4点目の彫り込み加 […]
  • 今年最初の夜の制作 三連休でやり残した作業を、今晩仕事から帰宅した後、工房でやりました。1時間程度なら寒くても作業が出来ると判断して、暗い夜道を工房に向かいました。工房に着いて作業を始めると、工房に棲みついている魔物に […]
  • 代休 牛歩のような制作 今日は日曜出勤の代休でしたが、昨日の大きなイベントの疲れが出て、なかなか工房に行く気が起こらず、それでも朝9時には工房で土練りを始めました。少し作業をしては休憩を取り、また作業をする繰り返しで、牛歩 […]

Comments are closed.