夢で見た負の空間

もう一度人生をやり直せるなら、自分はどうなっているのか、こんな夢を幾度となく見ています。やはり彫刻をやっている夢の中の自分がいるので、現在やっている彫刻表現に、自分は満足しているのかもしれません。若い自分は大学で人体塑造をやっています。これも自分が歩み始めた頃と同じです。ただ、違っていたのは最終表現でした。通常、粘土で人体を作った後、石膏取りをします。粘土の上を石膏で覆って雌型を作り、そこに剥離剤を塗って、同じ石膏を流し込み、雌型を割るのです。そうすることで粘土で作った塑造は石膏に置き換えられることになり、粘土よりは保存がきくのです。夢で見た塑造は雌型をそのまま使って、雌型の裏側にある凹んだ人体を、言わば負の空間として作品に生かしていました。厚手の直方体の中に雌型になった凹んだ人体が食い込んでいます。この夢は次作として展開するイメージとは違います。夢は夢のままなのです。自分が現実に目指す世界観とは異なるのです。実際の次作のイメージは夢ではなく、現行の制作途中で何となく湧きあがってきたり、天上から降ってきたりするのが、自分にはよくあってそれが契機になって新たな制作に入っていくのです。夢はもう一度創作人生をやり直すとしたら、別の表現に立ち向かう自分が見えていると考えます。石膏で作った負の人体を、夢の中では鉄にも置き換えています。雌型は熱した鉄を叩いて凹ませています。こんな具体的で疲労を伴う夢があるでしょうか。普段から彫刻にどっぷり浸かっているからこそ見る夢なのでしょうか。時間ができたら、夢の具現化を一度やってみたいとも思います。不思議な心理状態を今日はNOTE(ブログ)に書きました。

関連する投稿

  • 「石を聴く」読後感 「石を聴く」(ヘイデン・ヘレーラ著 北代美和子訳 […]
  • 週末 新たなテーブル彫刻の制作開始 週末になりました。今月の制作目標に従って、今日から新たなテーブル彫刻の制作を始めました。新たなテーブル彫刻として、昨年制作し7月にギャラリーで発表した「発掘~曲景~」の対を成す作品を作ろうと思ってい […]
  • 四連休2日目 東村山市立中央公民館へ 四連休2日目になりました。以前から計画していたことですが、今日は家内と車で東京にある東村山市立中央公民館へ出かけました。同館の1階会場で、私の師匠である彫刻家池田宗弘先生が個展を開催していて、午後2 […]
  • 2019’12月の制作目標 今月をどう過ごすのか、年末年始の休庁期間を職場で設定している閉庁日として考えると、最大11日間ありますが、実際はそんなに休めるわけではありません。当然元旦は恒例として、私は制作を休んでいます。この1 […]
  • 3月の制作目標 新作は6枚の厚板を屏風に仕立て、そこに接合する陶彫部品と、屏風の前の床に置くステーションと名付けた陶彫部品を連結して集合体にしようと考えています。これらを集合彫刻として場を設定した空間演出の展示にす […]

Comments are closed.