天使について

今月のRECORDのテーマにした「天使」とは何か、キリスト教美術に疎い自分は一般的な画像の印象しか頭になく、天使の存在そのものを捉えておく必要があると思いました。事典を見てみると、天使とはユダヤ教、キリスト教、イスラム教に共通して登場し、神々と人間の中間に位置する霊的存在で、伝令や使いの者としての役割があるようです。とりわけキリスト教の天使は、人間より優れた知恵と能力をもちつつ肉体をもたない霊で、さらに面白いと自分が感じたのは、堕落した天使が悪魔になるところです。神に善きものとして造られた天使は、神に逆らって地獄に堕ち、人間に悪を薦めるようになったというのです。言わば天使と悪魔は紙一重、同じ霊的存在がジキルとハイドよろしく正反対に変貌するのは、いかにも西欧的ドラマ性を感じさせるものです。天使にも階級があることを知って、人間社会をそのまま投影した感覚をもちました。その中に登場するセラフィム(熾天使)、ケルビム(智天使)、オファニム(座天使)と呼ばれる天使とは何か、想像すると興味が尽きなくなります。天使の図像学を学んでみたくなるのです。無垢な童子や美しい女性、優しい男性が天使となって絵画等に登場するのはルネサンス以降のようです。それ以前は多数の眼と翼をもつ奇怪な存在として描かれている天使、さらに古くは肉体をもたなかった時代もあって、私たちの文化との接点も模索したくなってしまいます。

関連する投稿

  • 週末 8月の終わりに… ちょうど日曜日が8月の最終日になりました。今月を振り返ると、大きかったのはアンコール遺跡を訪ねてカンボジアに行ったことでした。遺跡を見に外国へ行く楽しさを満喫しました。元気なうちにまたどこかの遺跡を […]
  • 再び、カンディンスキー 「再び、カンディンスキー」という表題をつけましたが、20世紀初頭に活躍したロシア人前衛画家カンディンスキーに関する文章は、「再び」どころではなく再三再四NOTE(ブログ)で取り上げてきました。書店に […]
  • 2013年 HPによる総括 2013年の大晦日を迎えました。今年はどんな1年間だったろうと振り返ってみると、自分にとって幸福と思える素敵な1年間だったと思っています。まず、自分を含めて家族が健康に過ごせたこと、周囲に大きな事故 […]
  • 生存のしるし 職場に「Survivalism~70億人の生存意思~」(GENERATION TIMES編 […]
  • 12‘評壇より 「陶彫で遺跡からの出土品みたいな抽象オブジェを作り、それらを屏風パネル、箱形置き物、残決単品の三様に仕立てて展示。これも新品を古物に偽装しているその意外性が趣向であり、見せどころとなっている。」とい […]

Comments are closed.