なぜ猫族から好かれるのか?

私は朝6時に家を出て、帰りはかなり遅くなる時があります。ウィークディは仕事の関係で時間の拘束を受けるのは仕方がないことです。野良猫を拾って育ててきたトラ吉は、大きな猫になり、現在の体重は7キロを超えています。家の中を猛ダッシュで走り回るため、贅肉はなく精悍な身体つきをしています。トラ吉の世話は家内がやっていますが、自分が帰るとどこからともなく現われて、自分の脚に絡んできます。自分はほとんどトラ吉に会うことのない生活で、しかもまるで世話をしない自分にトラ吉が擦り寄ってくるのは不思議です。何十年も前に実家で飼っていたタマも同じでした。自分はタマに年中悪戯をしていて、そのうち猫族の罰があたると思っていました。でもタマは自分を見れば恐る恐る擦り寄ってくるのでした。健気というかタマもトラ吉も、自分が引っ叩いたり、ぶん回したりしているのにも関わらず近づいてきて、何かあれば自分から逃走する姿勢でいます。なぜ猫族から自分は好かれるのか、家内が不思議がっています。悪戯はしても餌を一度もあげたことのない自分です。猫は本能に忠実で気儘な素性があると聞いていますが、本当に気儘なのか、痛い思いをするかもしれないのに接近してくる勇気と好奇心があると思えば、決して気儘ではないように感じてしまいます。

関連する投稿

  • 週末 義母の13回忌 週末になりました。前から予定していた義母の13回忌を今日行ないました。家内の母は多くの兄弟姉妹と一緒に、戦前の時代に奄美大島から本土にやってきました。兄弟姉妹の中には哲学者や考古学者や音楽家がいて、 […]
  • 職場の体育的イベント実施日 私と同じ職種の人が、このNOTE(ブログ)をよく読んでくださっているので、職場の体育的イベントとは何のことか、分かっていただいているとは思いますが、情報の拡散を恐れて、私が退職するまでは種明かしはし […]
  • 週末 梱包用木箱作り準備 昨日の夜に関西出張から帰ってきました。2泊3日の出張で疲労も溜まっているだろうと予想していましたが、思っていた通り、午前中は身体が動かず自宅でボンヤリしていました。とりあえず工房に行きましたが、先日 […]
  • 「日本に祭る おもかげの国・うつろいの国」について 「日本流」(松岡正剛著 筑摩書房)の第五章は「日本に祭る […]
  • 「日本と遊ぶ わざ・さび・あはせ」について 「日本流」(松岡正剛著 筑摩書房)の第六章は「日本と遊ぶ […]

Comments are closed.