彫刻家の師匠からの便り

別にお歳暮の季節に拘っているわけではありませんが、雪深い信州の山奥に住む彫刻家の師匠に、毎年この時期に辛口の日本酒一升を贈っています。師匠は制作の合間に日本酒で身体を温めているようで、先日感謝の電話がありました。便りを書いても凍結した山を下りるのは難しいとのこと、ならば電話で失礼すると仰っていました。奥様を亡くされて、一人で住居兼工房である長野県麻績の「エルミタ」に籠るのは如何ばかりか、岩手県の山中に籠った先人の彫刻家高村光太郎のようで、まさに師匠池田宗弘の生活はどんなものか想像に難くありません。「君の工房では陶土は凍らないだろう?工房にストーブはあるのか?素材を扱っていると時間が経つのは早いよな。」と他愛のない会話を交わしましたが、70代とは思えない溌剌とした声が聞こえてきて安心しました。冬を迎える度に、池田先生はどうして麻績の山奥に工房を構えたのか、加齢で足腰も弱くなるだろうに、先生はそんなことを考えなかったのかと家内に言ったら、池田先生は夏の気候と作品の置き場を考えたのであって、「エルミタ」で何かあった時の覚悟は出来ているのではないかという答えが返ってきました。先生なら然も有りなんと思った次第です。

関連する投稿

  • 週末 酷暑の工房 毎年この時期、空調のない工房は大変な暑さの中での作業を強いられます。大学生の頃から私は彫刻科のアトリエにおいて、厳しい環境の中で制作をしてきました。素材によっては野外だったり、工場のような広い空間だ […]
  • 三連休 大きな新作が佳境 昨日はいろいろな用事があって、制作時間が充分確保できず、その分を今日はやや長めの制作時間を取って、制作工程の辻褄を合わせました。午前9時から午後5時までの8時間、工房に篭っていました。昨日降った雪は […]
  • 代休 牛歩のような制作 今日は日曜出勤の代休でしたが、昨日の大きなイベントの疲れが出て、なかなか工房に行く気が起こらず、それでも朝9時には工房で土練りを始めました。少し作業をしては休憩を取り、また作業をする繰り返しで、牛歩 […]
  • 週末 真冬の制作雑感 日曜日は朝から工房に篭って、夕方まで陶彫制作に明け暮れています。午前9時から午後4時までの7時間、これが今まで私が定番にしてきた制作時間です。陶彫制作に集中してしまうと、7時間はあっという間に過ぎて […]
  • 週末 活動時間について やっと週末がやってきました。私はいつものように朝9時に工房に行って、夕方4時までの7時間を陶彫制作に費やします。作業が始まると忽ち時間が過ぎていく感覚を持ちますが、創作活動に邁進する7時間は本当に疲 […]

Comments are closed.