12月RECORDは「環」

2013年の最後を飾るRECORDのテーマを「環」にしました。「環」とは数学的な定義や天文学的な定義があって、コトバそのものを調べると分野外の人間にとっては難解極まるコトバです。RECORDとしては造形的に簡単に考えることにしました。物質の連鎖があって、それらが円を描いて起点に戻ることを「環」の基本テーマにしたいと思います。起点に戻るということが最後の1ヶ月に相応しいかなと思っています。成長があれば初めの起点ではなく、位置としては上のところに戻ってくる、つまり螺旋を描いて戻ってくるのが「環」としての最良のイメージです。同一平面から螺旋までバリエーションを考えながらRECORDを進めたいと思います。今年は漢字一文字による月ごとのテーマを掲げてきましたが、来年はどうしようかとボンヤリ考えています。年間を通して、どんな傾向の作品にするか、これからまず考え始めたいと思います。

関連する投稿

  • 11月RECORDは「拡散の風景」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORD。文字通り日々のRECORD(記録)で、その日のさまざまなことが記録されていきますが、時間がない中で制作をしているため、その効率を考えて5 […]
  • 11月RECORDは「枠」 11月のRECORDのテーマを「枠」にしました。RECORDは一日1点ずつ作っている小さな平面作品で、2007年から始めています。文字通り日々のRECORD(記録)で、イメージの出し易さを考えて5日 […]
  • 9月RECORDは「連繋の風景」 「れんけい」という漢字表記は「連携」を一般的に用いますが、敢えて「連繋」にしたのは繋がりをRECORDで表現したい意図があるからです。専門家集団で構成されている私の職場でも、常に連繋を意識して組織的 […]
  • 17’RECORD1月・2月・3月分アップ 私のホームページにRECORDを掲載しています。ポストカード大の平面作品を一日1点ずつ作り上げていくRECORD(記録)は、文字通り日記の造形版で、毎晩苦しみながらイメージを絞り出し、下書きを行い、 […]
  • 5月RECORDは「隙」 「隙」は隙間という単純な意味から、不和であったり、油断することであったり、マイナスイメージを連想するコトバです。RECORDは視覚的な構成要素に置き換えるので、心理的な表現を追求することに、たとえば […]

Comments are closed.