12月RECORDは「環」

2013年の最後を飾るRECORDのテーマを「環」にしました。「環」とは数学的な定義や天文学的な定義があって、コトバそのものを調べると分野外の人間にとっては難解極まるコトバです。RECORDとしては造形的に簡単に考えることにしました。物質の連鎖があって、それらが円を描いて起点に戻ることを「環」の基本テーマにしたいと思います。起点に戻るということが最後の1ヶ月に相応しいかなと思っています。成長があれば初めの起点ではなく、位置としては上のところに戻ってくる、つまり螺旋を描いて戻ってくるのが「環」としての最良のイメージです。同一平面から螺旋までバリエーションを考えながらRECORDを進めたいと思います。今年は漢字一文字による月ごとのテーマを掲げてきましたが、来年はどうしようかとボンヤリ考えています。年間を通して、どんな傾向の作品にするか、これからまず考え始めたいと思います。

関連する投稿

  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]
  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 20’RECORDの方向性 2020年も一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORDを頑張っていこうと思っています。このところNOTE(ブログ)の話題は陶彫制作に偏っていますが、元旦からRECORDもやっていて […]
  • 9月RECORDは「連繋の風景」 「れんけい」という漢字表記は「連携」を一般的に用いますが、敢えて「連繋」にしたのは繋がりをRECORDで表現したい意図があるからです。専門家集団で構成されている私の職場でも、常に連繋を意識して組織的 […]
  • 11月RECORDは「拡散の風景」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORD。文字通り日々のRECORD(記録)で、その日のさまざまなことが記録されていきますが、時間がない中で制作をしているため、その効率を考えて5 […]

Comments are closed.