横浜の「横山大観展」雑感

「西の栖鳳 東の大観」と称された日本画2大巨匠のうちの一人、横山大観の展覧会の終了期限が迫っていたので大急ぎで横浜美術館に行ってきました。このNOTE(ブログ)を書いている今日は美術館では次の「下村観山展」の準備に入っていることと思います。前に竹内栖鳳の大がかりな展覧会が東京竹橋の美術館であって、大変な混雑の中を見てきましたが、「横山大観展」も大いに賑わっていました。大観は折に触れてよく目にしていて、自分の中ではポピュラーな画家です。今回の展覧会は大観を中心とした周辺の人たちの作品も出品されていました。展示物には大観の師匠である岡倉天心の書を初めとする資料があり、また画家仲間の作品は、大観と共に競い合い、大いに鼓舞した様子がわかって楽しい企画になっていました。横山大観は東京美術学校時代から秀でた力量を発揮し、長きに亘って日本画壇を牽引してきた巨匠です。作品によってはざっくりした骨太の構成があり、繊細な描写表現があって変化に富んでいます。いわゆる朦朧体という没線彩色の作品が有名ですが、西洋画の陰影を取り入れた新たな日本画の方向を探り、流麗で大きなスケールを獲得しているように思います。

関連する投稿

  • 週末 個展終了して美術館巡りへ 昨日、ギャラリーせいほうでの私の個展が終了しました。反省はいろいろありますが、ともあれホッとしたことは事実です。個展開催中は自分が会場にいなくても気がかりでなりませんでした。やはり終わってみると一抹 […]
  • 勤務終了後に上野の美術館へ… 横浜市瀬谷区の職場に転勤してきて、前職場に比べて外会議が多いなぁと感じています。出張というほど遠方に行くわけではなく、区役所の会議室を使って区内のさまざまなことについて話し合いを持っているのです。今 […]
  • 振替を利用して案内状持参 先日の関西出張の折に超過勤務時間が発生し、その振替を今日の午後に取ることにしました。昨日、工房に案内状が1500枚届いたので、早速今日の午後の時間を使って、東京銀座のギャラリーせいほうに案内状100 […]
  • 週末 過密な鑑賞スケジュール やっと週末を迎えました。年度末が近づきウィークディの仕事が少しずつ多忙になってくると、週末が楽しみでなりません。今月に入って美術展に行っていないので、今日は行きたい展覧会をチェックして、丸一日かけて […]
  • 関西出張2泊3日 職場が変わっても私たちの職種は1年間に1回は2泊3日の出張があります。今の職場でも前職場と同じような時期に関西方面への出張がありました。ただし、職場によって滞在する県が違い、今の職場は滋賀県に連泊す […]

Comments are closed.