「シュタイナーの思想と生涯」読み始める

「シュタイナーの思想と生涯」(A.Pシェパード著 中村正明訳 青土社)を読み始めました。私がルドルフ・シュタイナーを知ったのは学生時代で、最初は曲線を多用した独特な建築ゲーテアヌム(正確には第2ゲーテアヌムでシュタイナー自ら設計した建築物)によって印象づけられましたが、シュタイナーは哲学者であり、教育家であり、シュタイナー教育創立者として日本でもよく知られる存在になりました。その時の自分は彫塑的な建築物を図版で見るだけで、これといったシュタイナー理論を読むことはありませんでした。シュタイナーの生涯の中で重要な意味を持つ人智学という今まで聞いたことのない学問を知ろうと思ったのはつい最近のことです。ヨーゼフ・ボイスに関する書籍を読んだことが契機になりました。本書の目次に霊学というこれも聞きなれない学問があります。シュタイナー自身が著したものを読む前に解説書から入ろうと思ったのは、今まで自分が学んでこなかった学問に対する畏れがあるためです。これで興味が湧けばシュタイナーの著作を読もうと思います。まずは概観を掴むところから始めます。通勤の友は相変わらずドイツ系の哲学者です。

関連する投稿

  • 東京駅の「きたれ、バウハウス」展 先日、東京駅にあるステーション・ギャラリーで開催中の「きたれ、バウハウス」展に行ってきました。バウハウスとはドイツ語で「建築の館」という意味です。1919年に建築家ヴァルター・グロピウスによって設立 […]
  • 師匠の絵による「人生の選択」 昨日、長野県の山里に住む師匠の池田宗弘先生から一冊の絵本が送られてきました。「人生の選択 […]
  • 建築に纏わる東京散策 今日は夏季休暇を取得して、前から計画していた東京の展覧会等の散策に出かけました。先日も夏季休暇を使って「江戸東京たてもの園」に行ったばかりですが、今日も建築に纏わる散策になりました。例年なら夏季休暇 […]
  • 「精神的苦闘」ユーロ・レヴィン 私は20代の頃、5年間もウィーンに滞在していたにも関わらず、戦争の傷跡には目もくれず、ひたすらアートの動向ばかりに注目していました。美術館に展示されている現代芸術作品の中にはホロコーストが及ぼした深 […]
  • 「志向性の諸理論と志向的相関理論」について 先日から「経験の構造 フッサール現象学の新しい全体像」(貫茂人著 […]

Comments are closed.