週末の展覧会巡り Ⅱ

今日も昨日に続き、美術館に出かけました。今日は朝5時に起床、家内と自家用車で一路栃木県へ向かいました。目指したのは足利市立美術館で開催中の「石田徹也展-ノート、夢のしるし」。31歳で夭折した画家石田徹也は、画集を通して知っていました。オリジナルの作品に触れるのは今回が初めてでした。親近感を抱いたのは自分と同じ大学を出ていたためでしたが、彼は卒業後10年もしないうちに踏切事故で亡くなったのでした。描いた世界は日常の中に潜む不条理を伴ったトラウマとも社会的抑圧とも取れるものです。一度見たら忘れられなくなる世界です。詳しい感想は別の機会を持ちますが、絵画のインパクトの強さに自分が吸い取られていくのを感じました。足利市街には朝8時頃到着したので、足利市立美術館が開くまでの間、足利学校を見て回りました。泉水庭園が美しく、また再現された昔を物語る建造物の中で、ゆったりした時間を過ごしました。その後、美術館で2時間ほど過ごし、帰りがけに栗田美術館にも立ち寄りました。伊万里や鍋島の秀作を並べた美術館でしたが、その敷地の広大さに驚きました。木立のある庭園が美しく、ここでもゆったりと過ごすことができました。今日は充実した一日を足利で過ごし、夕方になって横浜に帰ってきました。台風一過で天候に恵まれ、また久しぶりのドライブで満足しました。

関連する投稿

  • 秋分の日は美術館・画廊を散策 今日は秋分の日でした。職場は週休2日なので、連休の実感はありませんでしたが、このところ秋の気配を感じているのは確かです。今日は早朝に工房に行って、明日の陶彫成形のために大きなタタラを7枚作りました。 […]
  • 横浜の「バーナード・リーチ展」 仕事中に家内から携帯電話がかかり、夕方「バーナード・リーチ展」に行こうと誘われました。家内は邦楽器店に楽器を修理に出すついでに横浜駅に立ち寄り、駅前のデパートで開催中の展覧会に行くことを予定していて […]
  • 四連休 益子・笠間へ… 毎年の恒例行事になっている栃木県益子の陶器市と茨城県笠間の陶炎祭の見物。親友が笠間で陶芸を始めて何年くらいになるでしょうか…。自分たちが彼の地に行き始めたのは、親友がデザイナーから陶芸家に転身するず […]
  • 煉瓦煙突のある町 先週金曜日に夏季休暇をとって、愛知県知多半島にある常滑に行きました。常滑には過去2回ほど行っています。その時の雰囲気が良かったので、3回目の探訪になったわけです。常滑焼は赤泥の急須が有名です。頻繁に […]
  • 雨降る益子・笠間散策 栃木県益子の陶器市と茨城県笠間の陶炎祭へ行ってきました。毎年恒例で5月3日を選んでいますが、もう20数年行き続けていて今回初めてどしゃ降りの中の散策になりました。今までも雨に降られたことはありました […]

Comments are closed.