10月RECORDは「塔」

新作「発掘~層塔~」を作り始めているせいか、いつも塔のイメージが脳裏を過ります。「発掘~層塔~」のイメージは固まっていますが、塔には様々な形態があり、また造形的刺激を受ける建造物も多いのです。塔は見上げると天に近い崇高な雰囲気や、頂上に登れば周囲を俯瞰できることがあって、軍事的必要性や宗教的意図もあったと思います。西欧で暮らしていた若い頃に、どの街にも広場があり、広場に面したところに寺院や教会の塔が建っていることが、街を散策する上での目印にしていました。街の周囲を囲む堅牢な石壁と中央に位置する塔のある都市構造が、たとえそれが幾多の戦争により必然としての戦時体制を物語っていたとしても、日本人の自分には美しい都市景観として眼に映りました。そんな訳で今月のRECORDのテーマを「塔」にしました。世界に残る様々な塔建築をイメージの基盤に据えて、さらに幻想を膨らませ、日々小さな作品をやっていきたいと思います。

関連する投稿

  • 仕事再開の6月に… 新型コロナウイルス感染症の影響で、6月になって漸く仕事が通常勤務になりました。ただし、感染症対策は怠りなくやっていかなければならず、完全に仕事が回復した状態ではありません。それでも職場で全員が顔を合 […]
  • 12月RECORDは「円環の風景」 「~の風景」と題名をつけるのは今月が最後ですが、はたして風景という付加した題名にどのくらいの意味があったのか、自分で考えておきながら疑問が残ります。今までも風景を想定したRECORDを作ってきたので […]
  • 20’RECORDの方向性 2020年も一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORDを頑張っていこうと思っています。このところNOTE(ブログ)の話題は陶彫制作に偏っていますが、元旦からRECORDもやっていて […]
  • 9月RECORDは「連繋の風景」 「れんけい」という漢字表記は「連携」を一般的に用いますが、敢えて「連繋」にしたのは繋がりをRECORDで表現したい意図があるからです。専門家集団で構成されている私の職場でも、常に連繋を意識して組織的 […]
  • 11月RECORDは「拡散の風景」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作っていくRECORD。文字通り日々のRECORD(記録)で、その日のさまざまなことが記録されていきますが、時間がない中で制作をしているため、その効率を考えて5 […]

Comments are closed.