「発掘~層塔~」制作に向けて

塔のイメージが頭を過ったのは今年初めの頃でした。まだ「発掘~地殻~」の制作が佳境に入っていて木材に鑿を振っていた時でした。こんな時にどうして別の作品のことが頭に浮かぶのか自分でも理解できませんが、ひとつ作品を完成させ、順序良く次作に取りかかることは今まで一度もなく、現行の制作に苦しみながら模索を続けている時に、突如新たなイメージが降ってきて、急き立てられるように新作への導入が始まってしまいます。私はいつもイメージを先行させるため、今まで培った技法が役に立たない場合があります。曖昧なイメージを具現化するために何をするか、構造体をどの素材を使って作るのか、基盤にするものはあっても前作と表現方法が変わるので、毎回新しい課題に挑むことになります。新作は円錐構造を持つ陶彫集合体をどう作るのか考えました。題名にした層塔とは三重塔や五重塔のような仏塔を総称するものですが、作品に宗教的意図はありません。旧約聖書にあるバベルの塔には驕りを諭す寓話がありますが、「発掘~層塔~」には虚構都市という末路を見据えて、残骸として存在するモノに社会性を込めていて、受け手がそこで何かを感じ取っていただければ幸いと思っています。鑑賞者の解釈に作品を委ねることで、いろいろな感想をいただけることが作者冥利につきると考えているのです。

関連する投稿

  • 週末 梱包作業の追い込み 週末とは言え、今日も昨日とは別のメンバーによる地域会議がありました。私は来週の搬入を控えていて、時間が足りない中で地域会議に出席してきました。その関係で今日も昨日と同じく早朝6時に工房に出かけ、梱包 […]
  • 遅々として進まぬ荒彫り 三連休の中日です。朝から工房に篭って木彫の荒彫りをやっていました。なかなかイメージ通りにならず、何度も木材に鉛筆で線を書き込んでは消していました。蔓のような木の根のようなモノが蛇行して這っていく状況 […]
  • 8月 制作目標を考える 8月1日になりました。今日は生活習慣病検診があって、職免をいただいて午前中は病院に行きました。胃の検診でバリウムを飲むので、午後は職場に行かず、今日も昨日と同じ夏季休暇の半日分を取りました。自分はバ […]
  • 週末 新作へ向けて 今日の午前中は7月個展に出す作品の梱包を行い、午後になって来年の新作に向けて歩き出しました。新作は木彫レリーフによる三双屏風で、陶彫部品を埋め込むのは「発掘~混在~」と同じですが、木彫部分がかなり異 […]
  • 7月の終わりに… 今日で7月が終わります。今月は東京銀座での個展があったためか月日が経つのが早く感じました。個展は搬入時に1年間の創作活動の結果が出ると自分は認識しています。実際は5月の図録撮影時に作品は完成している […]

Comments are closed.