直弧紋 模写による追体験

今月のRECORDは初日より直弧紋に拘り続けています。最初の1点目は井寺古墳出土の直弧紋の模写をRECORDに描き写しました。古墳の図版から見てRECORD用紙と縦横の割合が違うので、そこは用紙に合うように割合を変えました。用紙に渦巻紋を描いて、そこにX印をつけて、太古の人々がどのように抽象化をしていったのか追体験をしました。2点目から発展を考えて、自分なりの直弧紋をデザインしてみました。分割した面積が模写と同じになるようにして抽象的美しさを追求し、曲線と直線のバランスを考えました。遍く20世紀抽象絵画を知る自分でさえ直弧紋のアレンジには苦しみました。直弧紋を作った人々の斬新な感覚には驚きます。色面を反転させている箇所もあって、その微妙な割合に考え抜かれた美しさがあります。キュビズムというより構成主義に近い計算された美的要素があります。直弧紋模写の追体験は今日で10日間に及びますが、オリジナルを超える難しさに立ち向かいながら、21世紀に生きる自分が直弧紋から何かを掴もうとしているのです。

関連する投稿

  • 東京小平市の「スタシス・エイドリゲヴィチウス展」 昨日、東京都小平市にある武蔵野美術大学美術館で開催されている「スタシス・エイドリゲヴィチウス展」に行ってきました。リトアニア出身でポーランドで活躍する画家スタシス・エイドリゲヴィチウスは、なかなか覚 […]
  • 6月RECORDは「浸潤の風景」 「浸潤」というのは、あまりいい意味では使われないコトバです。「肺浸潤」という病名があり、それは結核菌におかされた肺の一部の炎症が広がっていく疾患です。浸潤の単純な意味では次第にしみ込んで広がることを […]
  • 週末 地域会議&映画鑑賞 週末になり、個展のために搬入の準備している最中ですが、職場の地域が座談会形式の会議を計画していたため、今日はこれに出席してきました。公務員と彫刻家との二足の草鞋生活では、こうしたことで時間のやり繰り […]
  • 7月の成果を振り返る 毎年夏に東京銀座のギャラリーせいほうで個展を企画していただいている関係で、個展開催までの準備や開催中の接待、最終日の後片付けがあって、7月は毎回充実した1ヵ月を過ごすことになります。今月も例外ではあ […]
  • 2017年HP&NOTE総括 2017年の大晦日を迎えました。毎年恒例になっている総括を行います。まず彫刻では7月に12回目の個展をギャラリーせいほうで開催させていただきました。大きな作品では「発掘~宙景~」と「発掘~座景~」を […]

Comments are closed.