9月は何をすべきか…

9月になりました。厳しい残暑から凌ぎ易い季節に変わっていくことを望みます。さて、9月の制作目標を考えたいと思います。夏の暑さから一転し、涼しくなる9月は夏の疲労が出る季節でもあります。疲労を抱え込まないように気遣いながら制作を進めたいと考えています。具体的には陶彫による塔の制作を出来るだけ進めます。塔の彫り込み加飾の基本プランは縦柱の集合体です。未完の塔を陶彫による骨組みで表現したい意図があるのです。塔の構築要素が塔だけでなく床を這っていくようにしたいと考えています。現在、塔とは別に地を這うカタチを作っていますが、これは有機的なカタチで曲面を多用しています。塔の一部となる地を這うカタチは直線的な要素を入れます。RECORDは現在読んでいる渦巻紋や直弧紋に関する書籍から発想を得て作っていこうと思っています。週末である今日は朝から工房で制作に励みました。残暑が厳しく作業はなかなか進みません。9月は三連休がありますが、休日出勤もあり、制作の時間は限られます。例年のことなので、限りある時間をやりくりして頑張っていきたいと思います。

関連する投稿

  • 早朝制作について 勤務が終わってから帰路の途中や帰宅した後で工房に出かけて、夜の時間帯を陶彫制作に充てたことは今までに何回もありました。数年前には真冬に凍てついた工房に連日連夜通ったことも記憶しています。今週は新しい […]
  • 夏の三連休の具体的目標 職場は今日から始まる三連休を含めて休庁期間にしてあり、全職員が年休を取得し易い環境を作っています。私もこの休庁期間に夏季休暇の残りの3日間を取ろうと決めています。仕事にはオンとオフが必要ですが、創作 […]
  • 夏の三連休の成果 山の日を含む三連休が今日で終わりました。3日間とも工房に通い、陶彫制作に精を出しました。新作の床置きの大きな陶彫部品2個を作りました。酷暑のせいで工房に長く留まることができず、午前2時間、午後2時間 […]
  • 台風一過 今月の制作目標 10月になりました。昨晩から大型台風に見舞われ、私は一晩中暴風の音に悩まされて眠れませんでした。深夜2時過ぎに一時停電になり、私は寝床から飛び起きて、懐中電灯を持って荒れ狂う風の中を工房に行きました […]
  • 2019年 陶彫制作の再開 昨日は実家の小さな祠に鎮座する稲荷に行ったり、母がいる介護施設を訪ねたり、東京赤坂の豊川稲荷に初詣に出かけて護摩を焚いてもらったりして、工房に立ち寄ることがありませんでした。昨年のNOTE(ブログ) […]

Comments are closed.