8月RECORDは「棲」

今月のRECORDは今夏の旅行を当てたテーマでやっていこうと決めました。長崎に行く前はイメージで絵を描き、軍艦島に行ってから撮影資料をもとにRECORDを作っています。長野県にも師匠の池田宗弘先生を訪ねたので、先生の隠れ家エルミタのイメージをRECORDに取り込みたいと考えています。「住」居を「棲」家とした理由は、人間に限らず動物全てにわたって居住空間を描いていきたい意図があるからです。人間もまた自然界に生息する動物で、環境に応じた棲家を得て暮らしています。軍艦島はそうした居住空間から人が離れていった無人島です。今月は「棲」というコトバのもつ意味を軍艦島を通じて考えたいという思いがあります。RECORDは一日1点ずつ小さな平面作品を作っていく総称で、毎晩自宅の食卓が制作場所になっています。彩色は週末工房でまとめて行うので、厳密に言えば一日1点の構想と下書きを完成させるというのがRECORD制作の正確なところです。今月もコツコツ頑張っていきたいと思っています。

関連する投稿

  • 4月RECORDは「対峙の風景」 「対峙」とは相対して聳え立つことで、両雄が睨んでいる状態をイメージして、今月のタイトルにしました。最近のRECORDでは「対」というタイトルで、相対するモノを具現化して表現したことがありましたが、似 […]
  • 12月RECORDは「跨」 一日1点ずつポストカード大の平面作品を作ることを自分に課しているRECORD。文字通りRECORD(記録)ですが、毎晩制作しているにも関わらず、ペースが追いついていかない困難さを抱えています。下書き […]
  • 3月RECORDは「萌芽の風景」 植物の芽が息吹き出すテーマは、今までも幾度となく扱ってきました。今回のテーマは「風景」というコトバをつけることで、以前作ったものとは違う意識を持ってイメージ出来るのかなぁと思っています。RECORD […]
  • イメージの言語化 一日1点のノルマで、小さな平面作品を作っているRECORDでは月毎にテーマを決めています。今月は「さからう」というテーマで、今日の分までの28点が終わりました。まずテーマがあった方が制作動機を導きや […]
  • 16’RECORD10月・11月・12月分アップ 今月の3日(金)にカメラマン2人が工房に来て、RECORD1年間分の撮影をしていきました。一日1点ずつ制作をしているRECORDはポストカード大の平面作品で、日々の蓄積をひとつの表現としているところ […]

Comments are closed.