夜の作業で彫り込み加飾

この時期は公務の仕事が若干減ることもあって心に余裕が出来ます。そのおかげでウィークディの夜に工房に出かけて制作をしようという意欲が生まれます。職場での仕事にも緩急があって、夏季休暇をそれぞれの職員がフレキシブルに取ることで、現在は仕事が少なめになっているのです。ウィークディの夜に工房に出かけられる幸せを感じながら、今晩は比較的単調な作業をやることにしました。陶彫における土練りや成形は長時間の確保が必要なため、時間を自由に使える週末に行い、彫り込み加飾は単調でありながら丹念に行う作業なので、夜でも可能と思っています。加飾はいつでも中断することができるし、蛍光灯の照明が緻密な作業を行うのに向いています。現在、地を這うカタチの彫り込み加飾をやっています。小さな矩形の繰り返しを彫っていて、ちょうど碁盤の目のような凹凸が出来ています。機会あるごとに夜の作業を続けていきたいと思います。

関連する投稿

  • 連休最後の日 今日でゴールデンウィークが終わります。3月で公務員を退職したため、連休という意識が薄れつつありますが、それでも昔からの慣習で、連休中に何かやろうと思い、仏像に関する書籍を読んで知識を深めることにしま […]
  • 昭和の日 連休の始まり 今日からゴールデンウィークが始まりますが、隣接する東京都に新型コロナウイルス感染が広がり、緊急事態宣言が出されているため、連休中も外出は避けるように各自治体では言っています。私のいる神奈川県でも感染 […]
  • 創作一本になった4月を振り返る 今日は4月の最終日なので、今月の制作を振り返ってみたいと思います。今月の大きな出来事は、長年続いた教職公務員との二足の草鞋生活にピリオドを打って、創作活動一本になったことです。これは自分の生涯の転機 […]
  • 週末 連続した制作の日々① […]
  • 週末 連続した制作の日々② 日曜日になりました。今日は朝から2人の美大受験生が工房に来ていました。東京にコロナ渦の緊急事態宣言が出されたことで、ゴールデンウィーク中に行こうと思っていた東京の美術館が臨時閉館されたことを、彼女た […]

Comments are closed.