民俗学と仮面について

九州の土俗面を考察する書籍を読み始めて、自分が興味を持っている仮面についての書籍を、今まで一度も読んだことがなかったことを思い出し、改めて自分の興味に関する学術的な裏付けが欲しいと思いました。昔から仮面を集めているのに、何故民俗学に気持ちが向かなかったのか我ながら不思議です。自分の母校には民俗学者宮本常一の流れを汲む相沢韶男教授がいて、私は講義を取っていました。当時私は良好な学生ではなかったのですが、その後、相沢先生一家とはオーストリアで再会し、ウィーンの仮住まいで相沢先生の論法ともいうべき相沢流民俗学に惹き込まれていきました。こんなにも民俗学が身近であったにも関わらず、仮面に関しては学術的関心を示さなかった自分を恥じています。仮面のことを造形的興味だけではなく、もっと多角的に知りたいと、最近遅ればせながら考えるようになりました。

関連する投稿

  • 新鮮さを呼び覚ます遊び心 昨晩、週末の制作疲れでぐったりしてテレビを見ていたら、ベテラン染色家の制作風景と作品が映し出されて、ハッと新鮮さを感じました。NHK日曜美術館で取上げられていたのは現在97歳の柚木沙弥郎氏。前に一度 […]
  • アフリカ芸術との出会い 横浜美術館で開催中の「ルノアールとパリに恋した12人の画家たち」展の図録の中で、20世紀初頭のパリに集った芸術家たちが、アフリカ芸術に感銘を受けて、自らの表現の中にプリミティヴな生命を宿した造形を取 […]
  • 東京上野の「人・神・自然」展 先日、東京上野にある東京国立博物館東洋館で開催中の「人・神・自然」展に行ってきました。副題が「ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界」とあってカタール国の王族のコレクションより厳選され […]
  • 東京駒場の「柚木沙弥郎の染色」展 90歳を超えても現役で活躍する染色家柚木沙弥郎。先日、NHK番組の日曜美術館で紹介されていて、その制作風景を見た私は創作意欲が刺激されました。自由闊達で好奇心の塊のような作家は、床に敷いた大きな平面 […]
  • 異形の神々への憧憬 今朝、職場に届いていた日本経済新聞の小欄が目に留まりました。記事は「来訪神:仮面・仮装の神々」がユネスコの無形文化遺産に登録される見込みになったと伝えていました。日本全国に伝承されている異形の神々、 […]

Comments are closed.